みのり・とき・秋霖・秋波・秋水・秋扇──秋の言葉 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

みのり・とき・秋霖・秋波・秋水・秋扇──秋の言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
彼岸花に降る秋の長雨

彼岸花に降る秋の長雨

秋霖に濡れ、どこか寂しげなコスモス

秋霖に濡れ、どこか寂しげなコスモス

秋の野を吹く野分

秋の野を吹く野分

汗が止まらず、息苦しささえ感じた暑い夏が終わりを迎えようとする中、みなさん待望の秋が近づいてきました。寝苦しい夜が続いたせいで睡眠不足気味だった方は、この時季にたっぷり快眠をむさぼって、さらに美味しいものをたくさん食べて、元気をチャージしてくださいね。
心待ちにしていた秋をめぐっては、「食欲の…」「芸術の…」「行楽の……」といった形容が知られていますが、今回は、秋にまつわるいろいろな言葉を探してみましょう。

「秋」という言葉のニュアンス

そもそも「秋」には夏の次の季節を指す意味だけではなく、「みのり」「とき」といった意味もあります。
和歌の場合には、同音の「飽き」にかけて使われることもあります。
〈わが袖にまだき時雨(しぐれ)の降りぬるは君が心に秋(飽き)や来ぬらむ〉古今和歌集
「まだき」は「まだその時期にならないうちに」という意味。(晩秋のものとされる)時雨が降り始めたのは、あなたの心に季節の「秋」が来て(その季節と同じ名前のように)、私に「飽き」てしまったのでしょう、という掛詞(かけことば)になっています。
いろいろな植物が実り、ものごとが充実してくる季節。しかし満ち足りてしまうことは同時に飽きてしまうことにも通じる ── 秋という言葉は、そんなニュアンスを持ってきたようです。

秋の長雨、秋の澄んだ水と女性の目元

今夏は地震や台風をはじめとする大きな自然災害が多く起こった夏でもありました。被災地の方々のご苦労は、言葉に尽くせないものでしょう。
平安時代、台風または秋から冬にかけて吹く強い風のことを「野分(のわき)」といいました。雨を伴わない強い秋風のこともこう呼びます。野の草を分けるほど強く吹く風、という意味です。
『源氏物語』には、「野分だちて、にはかに肌寒き夕暮れのほど、常よりも思(おぼ)し出づること多くて…」(桐壺)という有名な一節があります。
この頃に吹く強い風は、古くから秋の感傷的な気分の象徴として使われてきたようです。「秋風吹けば…」といった言葉もものさびしいことの表現として今でもよく使われますね。
秋には台風でなくとも雨が続くことが多くあります。雨量は梅雨の時期よりも多いという統計もあるようです。
秋の長雨のことを「秋霖」(しゅうりん)ともいいます。
「霖」が長雨のこと。「霖霖」(りんりん)は雨のやまない様子。これは漢字を見ただけでも想像がつくかもしれません。

美人の美しい目元を表す「秋波」

ところで、「女性が色目を使って異性の関心をひこうとする」あるいは「他人の関心をひこうとする」ことを「秋波(しゅうは)を送る」などといいますが、これはなぜ「秋」が使われているのでしょうか。
「秋波」はもともと「秋の水が澄み切ったようす」を表す言葉なのですが、それが「美人の美しい目元」という意味に転じたもののようです。
また「秋扇」という言葉があり、これは文字通り秋の扇のことですが、「夏炉冬扇」と同じように、季節が変わると役に立たなくなるもののたとえ、そして漢詩などでは転じて男性に愛情をかけられなくなった女性のことを言います。
これなどは現代の感覚からすると、受け入れがたい感覚かもしれませんが、言葉というのはこんなふうに、使われるごとにどんどん意味が豊かになっていくふしぎなものです。
── 秋の一夜、古語辞典をぱらぱらと眺めて、秋の言葉を探してみませんか。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい