全国1000人に聞いた!ゲリラ豪雨イメージ調査 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

全国1000人に聞いた!ゲリラ豪雨イメージ調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

これからの季節に特に注意したいのが「ゲリラ豪雨」。知らない人はいないといっても良いほどの認知度で、遭遇したことがある人はなんと7割超えます。この「ゲリラ豪雨」、皆さんはいったいどんな雨だと思っていますか?ゲリラ豪雨に関するイメージを調査しました。
※本調査は平成30年7月豪雨の発生前に行ったものです。大雨により被害を受けられたみなさまに、心からお見舞いを申し上げます。記録的な豪雨、大規模な洪水、土砂災害などニュースによる映像はまだ記憶に新しいと思います。tenki.jpラボでの話題も参考に、日々の災害への備えの一助として頂けたらと思います。

調査1:ゲリラ豪雨の認知度・遭遇率は?

ゲリラ豪雨の認知度は97.2%!遭遇したことがある人は7割超え
全国の20代から50代の一般の方1000名に、ゲリラ豪雨に関するアンケートを実施しました。いわゆる「ゲリラ豪雨」という言葉を聞いたことがあるかを調査したところ、「ある」と回答した人は97.2%と、ほとんどの方がゲリラ豪雨を知っていることがわかりました。
ゲリラ豪雨という言葉は正式な気象用語ではありませんが、その言葉が持つ印象の強さや、テレビやウェブニュースを通じて報道される機会も増えていることから、「知らない人はいない」と言ってもよいほどに浸透していると考えられます。
次に、実際にゲリラ豪雨に遭遇したことがあるかを聞いたところ、「何度も遭遇したことがある」と回答した人は52.9%と半数を超えており、「一度遭遇したことがある」人(19.4%)と合わせると、ゲリラ豪雨に遭遇したことがある人は全体の7割を超える結果になりました。意外にも多くの人がゲリラ豪雨に遭遇していることがわかります。

調査2:ゲリラ豪雨はどんな雨?

2人に1人の人が「傘があってもびしょ濡れになってしまうような雨」と回答
続いてゲリラ豪雨のイメージについて調査しました。ゲリラ豪雨は感覚的にどんな雨か聞いたところ、「傘があってもびしょ濡れになってしまうような突然の雨」が53.0%、次いで「恐怖を感じて外に出られないような突然の雨」が25.9%でした。約8割の方が、ゲリラ豪雨は傘などでは防げず、濡れるのは避けられない現象であるというイメージを持っているようです。
では、ゲリラ豪雨の本来の意味はどうなのでしょうか。
ゲリラ豪雨という言葉は、前述したとおり正式な気象用語ではなく、明確な定義はありません。学術的な言葉の中から妥当なものを探すと「局地的大雨」に当たります。局地的大雨とは、急に強く降り、数十分の短時間に狭い範囲に数十ミリ程度の雨量をもたらす雨のことです。
1ミリの雨の中でも雨具なしだと10分ほど歩けばびしょ濡れになってしまいますし、1時間に満たない短時間でも、突然数十ミリの雨が集中的に降ると、傘があっても濡れてしまったり、視界が悪くなったりします。できれば遭遇したくないと思う方が多いのではないでしょうか。

調査3:ゲリラ豪雨に遭遇したらどうする?

ゲリラ豪雨に遭遇したら、7割の人が「やむまで待つ」
最後に、外出先でゲリラ豪雨に遭遇した際に、どう行動するかを調査したところ、「やむまで屋内施設をウインドウショッピングする」が30.5%、「やむまで軒下や屋根のある屋外で待つ」が27.0%、「やむまでカフェやレストランに入る」が14.3%で、TOP3を合わせると約7割の人が、「やむまで待つ」と回答しました。
一方、「濡れる覚悟で予定どおり移動する」と答えた人は9.9%と、約10人に1人でした。
ゲリラ豪雨の際は、雨だけでなく、落雷や突風の恐れもあり、無理に行動をするのは危険を伴います。ゲリラ豪雨は少し待つことで、雨脚が弱まることがあります。ゲリラ豪雨に遭遇した場合は、屋内や安全な屋外などで雨雲が通り過ぎるまで一休みして、tenki.jpのWebサイトやアプリのサービス、『雨雲の動き(https://tenki.jp/radar/rainmesh.html)』や『豪雨レーダー(https://tenki.jp/map/)』を活用して、雨雲の状況を確認することをおすすめします。
次のページへ【降水量から雨の強さをイメージできますか?】>>----ゲリラ豪雨に関するアンケート調査 調査概要
【調査対象】 全国の20代~50代 合計1000名
【調査方法】 インターネット調査(調査会社の登録モニター活用)
【調査期間】 2018年6月18日(月)~6月20日(水)
※調査結果は、端数処理のため合計しても必ずしも100%とはならない場合があります。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい