一面咲き誇るひまわり畑に行こう!〈レジャー特集│兵庫・大阪・滋賀・奈良編〉 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

一面咲き誇るひまわり畑に行こう!〈レジャー特集│兵庫・大阪・滋賀・奈良編〉

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

夏の花といえば、そう、ひまわりですね!

夏の花といえば、そう、ひまわりですね!

画像はイメージです

画像はイメージです

画像はイメージです

画像はイメージです

画像はイメージです

画像はイメージです

画像はイメージです

画像はイメージです

夏の風物詩はたくさんありますが、夏の花といえば、そう、ひまわりですね。和名では「向日葵」と書きますが、太陽が移動するのに連れて、花がその後を追うよう動くことから由来しています。
ひまわりの花言葉は「あなただけをみつめる」「熱愛」「崇拝」「憧れ」「光輝」「偽りの富」など……。「あなただけをみつめる」なんて、とても情熱的な花言葉ですね!
そんな情熱的な夏の花・ひまわり観賞に行きませんか? ということで今回は「一面咲き誇るひまわり畑に行こう!〈レジャー特集 兵庫・大阪・滋賀・奈良編〉」をご紹介します!!

淡路ファームパークイングランドの丘/兵庫県南あわじ市

兵庫県南あわじ市にある農業公園の「淡路ファームパークイングランドの丘」では、約5万本のひまわりを観賞することができます。同園の魅力は、ひまわりは開花の時期をずらして栽培されている点にあります。そのため、9個所の花畑で少しずつ満開の時期が異なるひまわりを楽しむことができますし、テーマ花畑やバラ園、ロックガーデン、大温室などもあり、一年を通して様々な花を観賞することができるんですよ。
そのほか、コアラやカンガルーが人気の動物園や、植物園、体験教室、収穫体験なども! コアラのエサ交換はとても人気が高いので、事前にHPをチェックしてお出かけくださいね。
淡路ファームパークイングランドの丘
■所在地/兵庫県南あわじ市八木養宜上1401
■アクセス/【電車】JR「舞子」駅よりバス55分、他
■期間・時間 7月中旬~8月下旬 9:00~17:00
■料金/大人(中学生以上)800円、小人(4歳~小学生)400円、3歳以下無料
※詳しくは淡路ファームパークイングランドの丘オフィシャルサイトをご確認ください

堺・緑のミュージアム ハーベストの丘/大阪府堺市

収納体験、アスレチック、水遊び、小動物ふれあい広場、キャンプなどができる緑豊かで広大な農業公園「堺・緑のミュージアムハーベストの丘」では、約3000平方メートルもの土地に約6万本のひまわりが咲き誇ります。
見頃の時期には「ひまわりフェスタ」が開催され、いろいろなイベントが催されますが、なかでも水遊びができる「じゃぶじゃぶ広場」は、小さなお子さんに大人気! さらに人気が高いアイスクリーム作りは、その場で作って食べることができるので、こちらもおすすめです。美しいひまわりを見ながら、おいしいアイスクリームを食べられるなんて最高ですね。
堺・緑のミュージアム ハーベストの丘
■所在地/大阪府堺市南区鉢ヶ峯寺2405−1
■アクセス/【電車】泉北高速鉄道「泉ヶ丘」駅よりバス20分、他
■期間・時間/8月上旬~中旬  9:30~18:00
■料金/大人(中学生以上)900円、学生(中・高・大生・専門学校生・短大生)600円、 小人(4歳以上)500円、 65歳以上600円(3月~11月)
※詳しくは堺・緑のミュージアム ハーベストの丘 オフィシャルサイトをご確認ください

滋賀農業公園ブルーメの丘/滋賀県蒲生郡

「滋賀農業公園ブルーメの丘」は、ドイツの田舎町をテーマにしたテーマパークです。ドイツ語で「花」を意味する「ブルーメ」の名前からもわかる通り、春には菜の花やチューリップ、夏はひまわり、秋はコスモス……と、一年を通して様々な花を観賞できます。
いまの時季は、約3000平方メートルに約10万本のひまわり(品種は大雪山)を観ることができます。そして、9月中旬から10月中旬までは、ひまわりとコスモスの両方を楽しむことができます! これは贅沢ですね。
ほかには地元野菜を買える青空市場、石窯パン、グルメ・酪農・自然体験をはじめ、芝すべり、巨大迷路、パターゴルフ、アスレチックなどのアクティビティも大充実。さらに平成30年にリニューアルされ、カピバラやカンガルーが増えて動物エリアが拡大とあっては、花観賞以外のイベントやレジャーも要チェックですね! ※イベントやプログラムには要事前予約のものもありますので、HPをご覧になってからお出かけください。
滋賀農業公園ブルーメの丘
■所在地/滋賀県蒲生郡日野町西大路843
■アクセス/【電車】近江鉄道「日野」駅よりバス15分他
■期間/時間/7月中旬~9月上旬 10:00~17:00
■料金/大人(中学生以上)800円、子ども(4歳〜小学生) 400円
※詳しくは滋賀農業公園ブルーメの丘オフィシャルサイトをご確認ください

奈良県営馬見丘陵公園/奈良県北葛城郡

約12万本ものひまわりを観ることができる「奈良県営馬見丘陵公園」は、大阪市街地からアクセスがよいのですが、実はそれほど人が多くない穴場スポットでもあります。
7月下旬~8月上旬に開催される「馬見ひまわりウィーク」は馬見丘陵公園に多くの人が訪れますが、水遊びや、冷たいスイーツや心地よい音楽が心地よい夏にぴったりのイベントなので、夏のお出かけの目的地として検討してみては! また、奈良県営馬見丘陵公園のCAFE+f (プリュスエフ) では、ひまわりウィークに特別メニューがお目見え! 普段のメニューのパンケーキやイタリア料理ももちろんおいしいのですが、特別メニューはどんなものか期待したいですね。小さなお子さん連れのファミリーなら、大芝生広場にシートを敷いて手作りお弁当を楽しむのも楽しそうですね♪
奈良県営馬見丘陵公園
■所在地/奈良県北葛城郡河合町佐味田2202
■アクセス/【電車】近鉄「田原本線池部」駅より徒歩2分、他
■期間・時間/7月下旬~上旬 10:00~16:00
■料金:無料
※詳しくは奈良県オフィシャルサイトをご確認ください


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい