道の駅シリーズ。初夏の北海道へ行こう!〈北海道・道北編|2018〉 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

道の駅シリーズ。初夏の北海道へ行こう!〈北海道・道北編|2018〉

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
「道の駅 南ふらの」のラベンダー畑!

「道の駅 南ふらの」のラベンダー畑!

すぐ近くにある稚内防波堤ドーム

すぐ近くにある稚内防波堤ドーム

大福やおまんじゅうが人気(画像はイメージ)

大福やおまんじゅうが人気(画像はイメージ)

「道の駅 南ふらの」は花が咲き乱れる季節が素敵!

「道の駅 南ふらの」は花が咲き乱れる季節が素敵!

苫前町の風力発電「夕陽丘ウィンドファーム・風来望」

苫前町の風力発電「夕陽丘ウィンドファーム・風来望」

梅雨はムシ暑いイメージですが、梅雨寒の年もあります。最近は気温差のある日が多くなっていますので、体調管理には気をつけてお過ごしくださいね。
さて、そんな梅雨がないと言われる北海道の「道の駅」特集。これから夏を迎え、海も山も爽やかな北の大地が想像されますが、6月はまだまだ寒い日もありそうです。調整できる衣服でおでかけください。
ロングドライブの寄り道にぴったりの「道の駅」。北海道特集の第2回目は、道北にフォーカスしてご紹介します。

道の駅 わっかない(稚内市)【無線LANあり】

日本最北の街、稚内市にあり、「道の駅」としても日本最北となるのが「道の駅 わっかない」です。2012年5月、国道40号の終点に、道内114番目の「道の駅」としてオープンしました。
JR稚内駅に併設されているので、観光の際もとても便利! 店内には稚内の特産品や農産品・水産品を扱うセレクトショップがあり、厳選された道内人気アイテムが並びます。カフェでは宗谷黒牛ハンバーグのライ麦サンドや北海道スープカレーなどのご当地メニューを味わいましょう。キッズルームにはボールプールやロッククライミングなどが配置されているので、ドライブに飽きた子どもたちは大喜びするはず。徒歩3分のところにある「稚内港北防波堤ドーム」は北海道遺産に指定されていて、70本の円柱が連なるさまは古代ローマ建築を思わせる存在感です。
■道の駅 わっかない
※詳細は公式HPをご確認ください

道の駅 もち米の里☆なよろ(名寄市)【無線LANあり】

名寄市の南玄関口にあたる国道40号線沿いにある「道の駅 もち米の里☆なよろ」。その名の通り、もち米の産地として、もち米にこだわった商品に力を入れています。豊富な種類のソフト大福は「道の駅」の看板商品として大人気! 冷蔵庫に入れても固くなりにくいので、夏は冷たくして食べてみてくださいね。農産物直売所ではアスパラガス、かぼちゃ、スイートコーンなどの地場の旬の野菜を扱っていて、珍しいものも手に入るのだとか。ぜひじっくりのぞいてみてはいかがでしょうか。地元の食材を使っているレストランのオススメは「煮込みジンギスカン定食」です。ジンギスカンに十割蕎麦とおもちが入っているので食べ応えがありそう。チキン野菜スープカレーは1日10食限定なのでお早めに! 珍しいのはFMブース・サテライトスタジオ(Airてっし)があること。地域密着型コミュニティFM放送としてネットでも聴くことができるので、気になる方はぜひチェックを!
■道の駅 もち米の里☆なよろ
※詳細は公式HPをご確認ください

道の駅 南ふらの(空知郡南富良野町)※重点候補【無線LANあり】

このあたりはカヌー遊びが盛んなことから「道の駅 南ふらの」の外観は、カヌーの軸先をイメージした形。国道38号線沿いを車で走る人に現地の農作物を買ってもらおうと始められ、1993年に「道の駅」として認定されました。再生可能エネルギーを活用した先進農業生産拠点として【重点「道の駅」候補】に選ばれています。ロビーに入ると、淡水魚が泳ぐ大きな水槽が出迎えてくれ、南富良野の特産品を販売するコーナーがあります。じゃがいも、アスパラガスなどの農作物に加え、バタじゃが、くまささ茶などの加工品、ドライフラワー、陶芸なども豊富に並び、見応えのある品揃え。周辺には「かなやま湖畔キャンプ場」「かなやま湖オートキャンプ場」があるので、家族でアウトドアを楽しむのに最適です。立地的には帯広方面から富良野方面に行く場合のトイレ休憩にぴったり。夏はラベンダー畑がきれいなので、ぜひ立ち寄ることをオススメします!
■道の駅 南ふらの
※詳細は公式HPをご確認ください

道の駅 風Wとままえ(苫前郡苫前町)【無線LANあり】

北海道の北西部、日本海に面した苫前町のシンボルは風力発電! そこで2006年、国道232号線のオロロンラインに「道の駅 風W(ふわっと)とままえ」が誕生しました。温泉や宿泊施設が併設されているので、露天風呂に浸かって夕日を眺めたり、天売島や焼尻島を一望したりすることが可能。ドライブ休憩に、のんびりリラックスできます。そのほか、新鮮な海の幸や山の幸を使ったレストラン、日本海の絶景を望むラウンジ、甘エビや煮蛸などの海産物を取り扱う売店に、温水プールも完備。充実した施設ぶりには目を見張るものがあります。周辺には夕陽ケ丘オートキャンプ場、海水浴のできる夕陽ケ丘ホワイトビーチなどがあるので、夏の日本海をたっぷり楽しめそう! 39基の風力発電機を持つ国内最大級の風力発電施設、「上平グリーンヒルウィンドファーム」もすぐ近くです。
■道の駅 風Wとままえ
※詳細は公式HPをご確認ください


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい