環境省・快水浴場百選 北海道・東北【レジャー特集・2017】

tenki.jp

「快水浴場」で、とびきり楽しい夏の思い出作り! (16:30)tenki.jp

「快水浴場」で、とびきり楽しい夏の思い出作り! (16:30)tenki.jp
夏至を過ぎ、いよいよ本格的な夏が近づいてきましたね!皆さん、夏のレジャーのご予定はお決まりですか?家族や友人とお休みが重なったら、まずは海へ行きましょう! ── 今日から7月4日にかけて、全6回に分けてお届けする本記事は環境省の「快水浴場百選」をもとに、数ある海水浴場の中から、特におススメ海水浴場をご紹介していきます。本日は「北海道・東北」編です。 環境省の「快水浴場百選」とは、「美しい」「清らか」「安らげる」「優しい」「豊か」といった水辺についての5つの評価軸をもとに、全国 100ヶ所の“快”水浴場を選定したもの。環境省お墨付きの快適な海水浴場で、キラキラした夏の思い出をたくさん作ってくださいね。 「安らげる水辺」☆5つの、元和台海浜公園(北海道爾志郡) 元和台海浜公園は、海を防波堤等で囲んで造られた“海のプール”。整備された岩場では、カニを捕まえる、小魚を間近で観察できる、といった楽しみもあります。 毎年7月第4日曜日に開催される「元和台マリンフェスティバル」では、スイカ割りや景品入りの餅まきなどのイベントも!また、お盆時期の「海のプールまつり」では、水着コンテストや氷上がまん大会などが催され、おおいに盛り上がります。 元和台海浜公園(北海道爾志郡) ●遊泳期間/7月中旬〜(予定) ●鉄道のアクセス/JR江差線「江差駅」下車、函館バスにて乙部・熊石方面行きバス「元和バス停」下車、徒歩約10分 ●車でのアクセス/道央自動車道「八雲IC」より雲石峠経由、日本海沿いに国道229号線を南下、約47km ●問い合わせ先/乙部町役場水産商工課(電話/0139-62-2311) ●北海道乙部町HPもご参照ください 「清らかな水辺」「安らげる水辺」「豊かな水辺」☆5つの、浄土ヶ浜海水浴場(岩手県宮古市) 浄土ヶ浜海水浴場は昭和29(1954)年4月に「岩手県の名勝」、平成8(1996)年7月に「日本の渚・百選」、平成13(2001)年10月「かおり風景100選」に指定されるほどの景勝地。さらに岩手県が毎年5月に実施する水質調査で「AA」に認定されてもいる、水質良好な海水浴場なのです。浜辺で美しい景色を楽しむのもよし、澄んだ海に目を凝らして海洋生物を探すもよし、家族みんなでのどかな休日を過ごせますよ。 浄土ヶ浜海水浴場(岩手県宮古市) ●遊泳期間&時間/7月15日~8月20日、8:30~17:00 ●鉄道のアクセス/JR山田線「宮古駅」下車、浄土ケ浜行きバスで20分、バス停「奥浄土ケ浜」下車すぐ ●車でのアクセス/東北自動車道「盛岡南IC」から地方道経由、国道106号にて約2時間、浄土ヶ浜駐車場から海水浴場まで徒歩約10分 ※無料バス運行 ●問い合わせ先/宮古市産業振興部観光課(電話/0193-62-2111) ●岩手県宮古市HPもご参照ください 「美しい水辺」「安らげる水辺」☆5つの、釜谷浜海水浴場(秋田県山本郡) 離岸堤のない手つかずの自然が残る海水浴場なので、釣りやキャンプを楽しむグループ、家族連れも多く訪れます。地元では「サンセットビーチ釜谷浜」とも呼ばれており、真っ赤な夕日が辺り一面を染めるさまは、息をのむ美しさです。7月29日、30日には砂像のイベント「サンドクラフトin八竜」が開催されます。コンテストでは個性豊かな砂像が約50基展示され、アイデアや芸術性を競います。制作された砂像は、海水浴期間終了まで展示されます。 釜谷浜海水浴場(秋田県山本郡) ●遊泳期間/7月上旬~8月中旬 ●鉄道のアクセス/JR奥羽本線「森岳駅」下車、バスにて「釜谷停留所」下車、徒歩5分 ●車でのアクセス/秋田自動車「道八竜IC」から国道7号線を秋田市方向へ約10分 ●問い合わせ先/三種町商工観光課(電話/0185-85-4830) ●三種町HPもご参照ください 「清らかな水辺」「安らげる水辺」☆5つの、小田の浜海水浴場(宮城県気仙沼市) 小田の浜海水浴場は、陸中海岸国立公園の気仙沼湾に浮かぶ大島東部にあります。美しい砂浜と、波風穏やかな遠浅の海が人気の海水浴場です。沖合の小前見島へは小舟で渡ることができ、釣りや磯遊び、無人島探検などが楽しめます。また、大島では地元観光協会によるさまざまな体験会が実施されています。柚子アイスクリームやところてん作り、さんま燻製やイカ塩辛作り、地引き網体験、ワカメ刈り、磯釣り、舟釣り、キャンプ野外炊飯……。ここでしかできない貴重な体験が、今年の夏を特別なものにしてくれるでしょう! 小田の浜海水浴場(宮城県気仙沼市) ●遊泳期間/7月7日~(予定) ●鉄道のアクセス/JR「気仙沼駅」下車、バスもしくはタクシーにて約5分 ●車でのアクセス/東北自動車道「一関IC」より国道284号経由、国道45号で約90分もしくは三陸縦貫自動車道「河北IC」より国道45号で約80分 ●問い合わせ先/気仙沼大島観光協会(電話/0226-28-3000) ●気仙沼観光プラス!もご参照ください

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック