オススメの道の駅!お出かけスポット情報【沖縄レジャー特集1|2017】 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

オススメの道の駅!お出かけスポット情報【沖縄レジャー特集1|2017】

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
沖縄といえばやっぱり海ですね!

沖縄といえばやっぱり海ですね!

マンゴーにドラゴンフルーツ、プルメリア!(写真はイメージ)

マンゴーにドラゴンフルーツ、プルメリア!(写真はイメージ)

シークワーサーにはビタミンCがいっぱい!(写真はイメージ)

シークワーサーにはビタミンCがいっぱい!(写真はイメージ)

人気のドーナツは売り切れ必至!(写真はイメージ)

人気のドーナツは売り切れ必至!(写真はイメージ)

喜名番所という石碑が歴史的背景を思い起こさせます

喜名番所という石碑が歴史的背景を思い起こさせます

お天気がいいと気分も晴れやかになりますし、青い空や美しい花を見るとなんだか清々しい気持ちになりますよね。梅雨が明けると夏本番!海が眩しい季節の到来です。
赤や黄色のハイビスカスや芳しいプルメリアなど色とりどりの花が咲き乱れ、華やかな色をした鳥のさえずり、サンゴ礁が輝く真っ白なビーチ……といえば、沖縄!
沖縄県にある「道の駅」は全部で8つ。今回は国道58号線沿いにある4つの「道の駅」に迫ります。

道の駅 許田(名護市許田) ※無線LANあり

「道の駅 許田」は、沖縄県で第1号の「道の駅」です。「やんばる」と呼ばれる自然が広がる本島北部、許田ICを降りてすぐの58号線沿いにあるのですぐにわかるはず。島の農家直送のゴーヤ、なーべらー(ヘチマ)、島らっきょう、オクラなど、南国の栄養たっぷりの野菜が並びます。もちろん、パイナップルやバナナ、マンゴー、ドラゴンフルーツなどの果物も。特にマンゴーはこれからが旬ですから、店頭に並んでいたらラッキー!ぜひ手に入れましょう。その他にも、パン工房や沖縄ならではのスイーツを楽しめるお店があります。特筆すべきは美ら海水族館や世界遺産の今帰仁城跡への入場チケットを割引価格で購入できること。行く先が決まっている人はここで購入しておくとおトクです。
■道の駅 許田
●所在地/沖縄県名護市字許田17-1
●電話/0980-54-0880
●営業時間/8:30~19:00
●定休日/無休
※詳細は公式HPをご確認ください

道の駅 おおぎみ(国頭郡大宜味村) ※無線LANあり

豊かな自然が広がるエリア「やんばる」で、長寿の里として有名な大宜味村にあるのが「道の駅 おおぎみ」。許田ICから国道58号線を北上すると約40分で到着します。のんびりした雰囲気が漂い、目の前には絵に描いたように美しいエメラルドグリーンの海が広がります。季節があえばゲットしたいのが、特産のシークワーサー(ひらみレモンとも言います)。早ければ8月ごろから出始めるので、紫外線に当たった肌にたっぷりのビタミンCを補給するのにぴったり。お刺身に絞ってかけたり、ジュースにしても甘酸っぱくて爽やか。「ふるさと食堂」ではジューシー(沖縄風の炊き込みご飯)のおにぎりや海ぶどう丼がオススメです。大宜味村にだけ棲んでいるといわれる、「ぶながや」も探してみてくださいね。
■道の駅 おおぎみ
●所在地/沖縄県国頭郡大宜味村字根路銘1373
●電話/0980-44-3635
●営業時間/平日8:30~17:30 土日祝 8:30~18:00
●定休日/無休
※詳細は公式HPをご確認ください

道の駅 ゆいゆい国頭(国頭郡国頭村) ※無線LANあり

沖縄県の最北に位置する「道の駅 ゆいゆい国頭(くにがみ)」。建物の前で重量挙げをするヤンバルクイナの姿が目印です。国頭村の農家が育てた新鮮野菜やスイーツ、「やんばる」の森の恵みをたっぷり浴びた木工品などを販売しています。ここでしか味わえないのが国頭特産の猪豚料理で、日ハムの大谷選手にちなんで『二刀流丼』と名付けられた猪豚丼が大人気!専門店もあるのでぜひお試しを。また、国頭漁協で仕入れた魚介類の刺身や揚げたてのかまぼこも美味。セーイカ(ソデイカ)入りのかまぼこはドライブのお供にもぴったりです!さらに売り切れ必至なのが、「クニガミドーナツ」。タンカンやタピオカを使ったヘルシーな自然の甘さが特徴です。見かけたら即ゲットして!
■道の駅 ゆいゆい国頭
●所在地/沖縄県国頭村字奥間1605
●電話/0980-41-5555
●営業時間/9:00~18:00(その他施設により異なる)
●定休日/無休(施設により異なる)
※詳細は公式HPをご確認ください

道の駅 喜名番所(中頭郡読谷村) ※無線LANあり

国道58号線沿い、焼き物のやちむんで有名な読谷村にあるのが「道の駅 喜名番所」です。琉球王朝時代には文化交流が盛んな宿場としてにぎわい、その名の示す通り、関所として建てられました。かの有名なペリー提督の調査隊一行も訪れたのだそう。残念ながら戦争で消失したため、現在あるのは復元された建物ですが、よくある「道の駅」とは趣が違ってレストランやショップなどはなく、資料館か博物館のような風情を醸し出しています。現在は、読谷村役場の職員が常駐し観光案内所として活躍しています。観光スポットや特産品情報などを案内していますので、ドライブ時の休憩に、また、沖縄の歴史や文化に触れるひとつの手段として利用してみてはいかがでしょうか。
■道の駅 喜名番所
●所在地/沖縄県中頭郡読谷村字喜名1-2
●電話/098-958-2944
●営業時間/9:00~18:00
●定休日/月曜日
※詳細は公式HPをご確認ください


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい