夏前にやっておきたい、きれいな素足を維持するフットケア法 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

夏前にやっておきたい、きれいな素足を維持するフットケア法

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
かかとが荒れた状態だと、その人の生活がだらしなく感じられてしまうことも

かかとが荒れた状態だと、その人の生活がだらしなく感じられてしまうことも

夏ほど足を温めることが大事

夏ほど足を温めることが大事

日頃からストレッチを心がけると◎

日頃からストレッチを心がけると◎

足の裏の保湿もとても大事なのです

足の裏の保湿もとても大事なのです

今日は関東で激しい雨や強い風が吹いています。ご帰宅の際には交通機関への天候の影響に、みなさんご注意くださいね。
さて、今日のような雨模様が続く梅雨は、同時に家庭でも菌が増える悩ましい季節ですね。そんななか、サンダルやビーチサンダルなど、女性も男性も素足になることが多くなってきますが、ふと足を見たら足の裏がガサガサ! 角質がたまって硬くて不潔な感じ……と、素足の状態が気になるとオシャレも楽しめなくなってしまいますね。もちろんオシャレだけでなく、フットケアは健康にも必要な要素がたくさん。そこで今回は、きれいな素足を維持するフットケア術をご紹介します。

フットケアが大切な理由とは?

日々の生活の中で、意識せずとも酷使しているのが足……。さらに、夏になると男性でも短パン姿になり、女性も素足を露出する機会が増えますね。でも、素足を出したときにふと目がいくのが、ふくらはぎや足先、足裏です。
みなさんの足裏は、白く硬く、ガサガサした状態になっていませんか? エコノミー症候群予防のために、機内でも定期的にふくらはぎをマッサージしましょうといわれるくらい、ふくらはぎは体の大切な部位ですが、そのふくらはぎも皮膚もゴワゴワしていませんか?
では早速、ふくらはぎ、足裏、足首のチェックポイントをご紹介しましょう。

ふくらはぎ、足裏、足首のチェックポイント

ふくらはぎ
第二の心臓と言われるふくらはぎは、血液が心臓から足の先まで降り、それをまた心臓に持ち上げるポンプの役割をしていることは、よく知られています。そのケアを怠ることによって、足の血流が悪くなることでむくんでしまったり、夏なのに足だけ冷えるなどということになってしまいます。
足首
足首周りは普段あまり意識しない部位ですが、ここが硬くなると、ふくらはぎと同様に足全体がむくんでしまいます。足首まわりを手の指で押したときに痛みを感じるようであれば、筋肉がこわばっているかもしれませんので、血流を促してあげましょう。
足裏
常に酷使されている足裏はケアを怠ると角質がたまり、臭いの原因になったりします。手入れを怠った後、くつを脱いだときに自分の足から立ち上る臭いに焦った経験や、サンダルを履くきにかかとがガサガサしていてびっくりしたことはありませんか。

フットケア(むくみ編)

暑くなってくると冬に比べて水分摂取量が多くなってきますが、ふくらはぎの筋肉などを動かさないと血流が悪くなり、余分な水分が細胞の間にたまることで、むくみの原因になります。
さらに「仕事で長時間立ったまま」「エアコンがきいている室内で長時間のデスクワーク」「1日の中で座っていることが多い」といった生活習慣によって足が冷えると、むくみやすくなります。そんな人のむくみの解消方法は……、
食生活。「体を冷やす」「塩分が濃い食べ物」はNG!
暑くなるとキンキンに冷えたビールをグイッと飲み、味が濃い目のおつまみが美味しく感じられます。しかしこれは、むくみという点では気をつけたいポイント。つまり「体を冷やす」「塩分が濃い食べ物」はむくみの原因となるからです。でも、「そうはいっても……」という人の場合は、できるだけカリウムの多い食べ物を摂るようにしましょう。
ストレッチ
「足首を意識的に動かす」「ふくらはぎの筋肉を曲げ伸ばし」することで血流が促進され、むくみが解消しやすくなります。具体的に仕事中などでできる方法は、
1・足先をゆっくりひざの方向に曲げ、ふくらはぎが伸びるようにする
2・足首からつまさきまでを伸ばす
2・できるだけ大きな円を描くように、足首をゆっくりまわす
3・階段のステップにつま先をのせて、かかと方向に重心をかける。または、つま先立ちなどして、ふくらはぎを伸ばす(転ばないように手すりや壁につかまるようにしてください)

フットケア(足裏編)

足裏は毎日刺激を受けているので、その刺激から保護するために角質が厚くなってきます。特に夏になると、男性も女性もサンダルなどを履く機会が増える一方、素足になったときに摩擦や乾燥でガザガザ状態のかかとに気づいてギョッとする人も多いよう。また、かかとがガザガザ状態になる理由は単に手入れを怠っただけでなく、加齢とともにターンオーバーの時間が長くなり、自然にうまく角質が剥がれなくなることが要因であったりもします。
あわせて、見逃しがちな足の爪や足指の間のケアも大切です。足の爪周りや、指の間はホコリや角質が溜まりやすい部位ですが、この部分は入浴時にきちんと洗浄しない人も多く、汚れが溜まっていく(足の裏の角質も、爪周り指周りの角質が蓄積される)ことで、足の臭いの原因になることも……。こうした角質が溜まった状態や臭いの解消法は、


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい