北海道の回転寿司、ネタが大きすぎ!! 新鮮、安い、うまい、大きい。観光客にも大人気。 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道の回転寿司、ネタが大きすぎ!! 新鮮、安い、うまい、大きい。観光客にも大人気。

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

甘エビはもちろん生で2本ずつ。蒸しエビの握りは見たことがない。

甘エビはもちろん生で2本ずつ。蒸しエビの握りは見たことがない。

プリプリのボタンエビを食べてほしい!!

プリプリのボタンエビを食べてほしい!!

秋にはサンマの握り!!

秋にはサンマの握り!!

北海道ザンギ!! から揚げとはちょっと違うんだなあ。

北海道ザンギ!! から揚げとはちょっと違うんだなあ。

北海道の回転寿司が他県とは違っているようです。ネタが大きいのは当たり前。甘エビはもちろん生。新鮮で安くて気軽に食べられるとあって、休日ともなると、どこの店にも行列ができています。
銀座のすし屋のカウンターで、こだわりの寿司を一つひとつゆっくり味わって食べるのも粋ですが、一方で、北海道の回転寿司店で、ネタがシャリからはみ出ている巨大な握り寿司に豪快にかぶりつくのもまた、寿司を味わう楽しみ方の一つです。
道東や道東ではこれからが桜の季節です。今が一番過ごしやすい北海道で、ネタが大きすぎる回転寿司を豪快に食べてみませんか。

甘エビはもちろん生!! 蒸したエビは見たことがない。

握り寿司のエビというと、色鮮やかな蒸しエビを指しますが、北海道ではエビというと、生の甘エビが出てきます。しかも、1つのシャリに甘エビが2本のっているのがスタンダードです。
北海道に住んでいる人が関東に行って寿司を食べたら、生じゃないエビがのっていて驚いた、という話はよく耳にします。北海道の近海は甘エビの産地で、ふだんの食卓にも甘エビの刺身がよく出ます。エビは刺身で食べるもの、という風習があるためか、江戸前の寿司とはちょっと方向が変わってしまったのでしょうか。
北海道に住む年配の方などは、握り寿司のことをわざわざ「生寿司」とよびます。道民には昔から、握り寿司のネタは生のものだけで、蒸したり焼いたりしたものは使わない、という感覚が根づいているのかもしれません。
北海道の回転寿司では、甘エビはほとんどが100円。大きくてプリプリのボタンエビですら500円以下で食べることができます。これを都会のカウンターで食べたら、いったいいくらかかるのか…。回転寿司で気軽に上ネタを食べることができるなんて、恐るべし北海道の回転寿司!!

シャリからはみ出るビッグなネタ。軍艦からこぼれるイクラ。

北海道の回転寿司はネタが大きいので、シャリからはみ出している場合が多いのですが、中でも、サーモン、サンマ、マグロ、イカなどは、どこの店に行ってもかなりの確率ではみ出しています。
イクラにいたっては、軍艦に山盛りになっているのはあたりまえ。そこに乗り切らないイクラが海苔からはみ出して、皿いっぱいにこぼれているところもあります。ボタンエビはもともとが大きいので、もちろんはみ出しています。
ネタは皿にはみ出すだけではありません。肉厚すぎて高くなっている場合もあります。たとえば、ホタテは肉厚のプリップリなので、ほかの握りよりも高さがあります。また、甘エビを何尾も盛って高くしている場合もあります。

サンマもイワシもタコも生。ホッキもホッケも生。新鮮だからできる生寿司。

全国には回転寿司のチェーン店が数多くあるのに、どうして北海道の回転寿司は、こんなにネタが大きくて安いのでしょう。それは、北海道にある回転寿司店の多くが、地元の企業によって経営されているからです。水産会社の直営店もあるので、安くて新鮮なネタが提供されるのです。
地元の企業だからこそ、地元でなければ食べることができないネタが豊富です。たとえば、生サンマや生イワシ、生ニシンなど、ひかりものの刺身は、新鮮でないと食べることができませんが、北海道の回転寿司には普通に並んでいます。また、普通はボイルして食べるホッキ貝も生、一夜干しでおなじみのホッケも生で食べます。北海道ならではのネタとしては、巨大なミズダコがありますが、このタコの頭も生で食べます。店によってはさまざまな珍味があり、地元民にとっても大人気のメニューです。

サイドメニューも充実!! 鉄砲汁に三平汁、ザンギ、いももち。まだまだあるよ。

回転寿司にはお寿司以外のサイドメニューも豊富ですが、北海道では、地元ならではのメニューがそろっています。たとえば、汁ものでは、カニの鉄砲汁や、タラやサケの三平汁、ホタテの稚貝(ベビーホタテ)汁、なんていうものもあります。じゃがいものいももちも、定番メニューです。
寿司屋なのに、鶏のザンギも人気メニューです。鶏のザンギと鶏のから揚げはどう違うかときかれると、はっきりとした違いはありませんが、ザンギは、鶏をしょう油ベースのタレにしっかり漬け込んでから揚げるので、味が濃い目です。
回転寿司が流行りはじめたころは、こだわりのネタもそんなに多くありませんでした。ネタも小さく、メニューもありきたりなので、「どうせ回転寿司だから…」、と思われたちでした。ところが、北海道の地元企業がどんどん回転寿司業界に進出し、切磋琢磨していくうちに、今のような、人気の外食産業となりました。大きくて新鮮なネタと、安くて豊富なメニュー。地元民にも観光客にも大人気で、休日ともなれば、どこの店にも行列ができています。
ゴールデンウィークが過ぎれば、北海道の北部と東部では桜が見ごろを迎えます。寿司屋は高くて気が張るものと思われていた常識をくつがえすかのような、北海道の回転寿司。桜を見たあとは、大きなネタの回転寿司を食べに行ってはいかがですか。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい