バレンタインデーとホワイトデーを、いろいろな角度から比較してみたら?

2017/02/13 16:30

明日2月14日は、一年で最大のイベント(?)ともいえるバレンタインデーです。 ご存じの通り、女性から男性に愛の気持ちを込めてチョコレートを贈る日ですが、最近では、この日が近づくとバレンタインデーに関連して「チョコレート」「渡しかた」という検索も増えるそうです。 その1ヵ月後、3月14日はバレンタインデーのアンサーデーとして、ホワイトデーがあります。この日は、バレンタインデーにチョコレートを贈られた男性からお返しとしてキャンデーを贈る日です。 今回は、愛に関係の深い、このふたつの記念日を比較してみました。

2月14日のバレンタインデーと3月14日のホワイトデーを徹底比較!
2月14日のバレンタインデーと3月14日のホワイトデーを徹底比較!
【主旨】なんのための日? 【バレンタインデー】 原則、女性から男性に対してチョコレートを贈って愛を告白する日。ただし、実際には好きな男性に限らず、日ごろ世話になっている人、友人、自分自身などに贈ることもあります。 【ホワイトデー】 バレンタインデーで女性にチョコレートをもらった男性の方から、チョコレートを贈ってくれた女性に対するお返しの意味を込めて、キャンデーを贈る日です。ただ、実際のお返しは、キャンデーだけでなくアクセサリーや食事、旅行などさまざまです。
ホワイトデーは相手への気持ちによって贈り物も変わるので要注意?
ホワイトデーは相手への気持ちによって贈り物も変わるので要注意?
【歴史】いつから始まったの? 【バレンタインデー】 1932年、洋菓子製造・販売のモロゾフ株式会社(兵庫県神戸市)がバレンタインチョコレートを発売しました。ただし現在のようなキャンペーンとしてのバレンタインデーは、1958年、株式会社メリーチョコレートカムパニー(東京都大田区)が都内の百貨店で、この時期にバレンタインフェアを開催したのがはじまりとされています。 【ホワイトデー】 1980年、全国飴菓子工業協同組合が「愛にこたえるホワイトデー」をテーマに「第1回ホワイトデー」キャンペーンを実施したのがはじまりとされています。
バレンタインデーとホワイトデーその誕生は全く違う
バレンタインデーとホワイトデーその誕生は全く違う
【由来】どうして2月14日と3月14日? 【バレンタインデー】 ローマ時代に婚姻を禁止されていた兵士の結婚式を、内緒で執り行ったことで処刑されたキリスト教の聖職者、ウァレンティヌスの殉教の日が2月14日だったからといわれています。 【ホワイトデー】 いつ、誰がはじめたキャンペーンかがはっきりしているわりに、諸説あります。 説その1/ウァレンティヌス殉教から一月後、その男女が改めて永遠の愛を誓い合ったから。 説その2/『古事記』や『日本書紀』などの文献から、日本の飴の起源をもとにこの日にした……。 どちらの説もやや、説得力に欠けるような印象もありますね。
その差はぴったり一ヵ月!男性が考える時間も一ヵ月?
その差はぴったり一ヵ月!男性が考える時間も一ヵ月?
【贈るもの】具体的にそれぞれの日に贈るもの 【バレンタインデー】 原則、チョコレート 【ホワイトデー】 原則、キャンデー。ただし、対象となる女性への気持ちによって、お返しするお菓子の種類が変わるという説もあるので、注意が必要です。 「好き」=「キャンデー」、「普通・友達」=「クッキー」、「嫌い」=「マシュマロ」など諸説あります。 うっかり間違えると大変な問題に発展する可能性もありそうですが、心がこもっていればそれでいいようにも思いますね。
マシュマロも美味しい
マシュマロも美味しい

あわせて読みたい

  • 日本発“ホワイトデー”は、東アジアだけの習慣ってホント!?

    日本発“ホワイトデー”は、東アジアだけの習慣ってホント!?

    tenki.jp

    3/11

    3月14日はホワイトデー。あなたの気持を贈りましょう。

    3月14日はホワイトデー。あなたの気持を贈りましょう。

    tenki.jp

    3/14

  • 日本で生まれたホワイトデー。その誕生にまつわるエピソードとは?

    日本で生まれたホワイトデー。その誕生にまつわるエピソードとは?

    tenki.jp

    3/13

    5月13日の「メイストームデー」って……いったい何の日?

    5月13日の「メイストームデー」って……いったい何の日?

    tenki.jp

    5/12

  • 発祥は福岡 日本型「ホワイトデー」はなぜ生まれたのか

    発祥は福岡 日本型「ホワイトデー」はなぜ生まれたのか

    BOOKSTAND

    3/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す