天皇誕生日、一般参賀で「お気持ち」に応える!? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

天皇誕生日、一般参賀で「お気持ち」に応える!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

雪が降ったり梅が咲いたりと、日本全国で季節が行き来するような気温差に驚く2016年の師走ですね。さて、今年8月、天皇陛下が「お気持ち」を全国民に向けて表明されたことは記憶に新しく、天皇陛下のお言葉に対する各メディアの世論調査では約9割の国民が天皇陛下のお気持ちに寄り添い尊重したいと回答しています。一方、有識者会議や内閣の動きは天皇陛下のご希望に添われる形に着地しない様子を伺わせる報道が飛び交っています。そんな中、迎える今年の天皇誕生日。この日に寄せる天皇のお言葉がどのようなものになるのか、これまで以上に国民の多くの方の関心が高まっているのではないでしょうか。また、先日の「お気持ち」表明で私たち国民総意の象徴である天皇陛下に対する認識や思いを新たにされた方もあるかと思います。今回は、私たち国民が天皇陛下に対しお祝いという形でアクションできる「一般参賀」についてご紹介いたします。

一般参賀の機会は年2回、新年とお誕生日

天皇誕生日の今日、そして新年の一般参賀が私たち国民が天皇に対しお祝いという形で直接皇居に出向いて行動できるひとつの方法です。一般参賀という言葉に馴染みのない方も、テレビやインターネットのニュースで日本国旗を手にしたたくさんの人々が、天皇陛下や皇族の方々と向き合い手を振りあっている場面を見たことがあるかと思います。まさにそれが一般参賀のシーンです。お誕生日での一般参賀の時間は午前の部、午後の部と分かれており、天皇陛下を始め皇族の方々がお出ましになりお顔を見ることができるのは午前の部のみで、午後は宮殿で祝賀行事の為お出ましはなく、記帳または名刺を提出する方法での参賀となっています。一方、新年の一般参賀では、午前・午後の時間帯で5回に渡ってお出ましが予定されています。詳細は宮内庁のホームページで紹介されていますので、お誕生日一般参賀を逃してしまった方は、新年一般参賀の情報をご覧ください。皇居内は参観という形で事前予約で入場することが可能ですが、予約せずに皇居内に入れる機会でもありますので、この機会に参賀してお祝いするのも良いのではないでしょうか。

23日の今日から、皇居二重橋等ライトアップも

一般参賀の行動までは敷居が高いと思われる方、またその機会もピンポイントですのでタイミングが合わない方は、皇居のライトアップ時間に訪れてみてはいかがでしょう。皇居のライトアップは2012年から始まり今年で5シーズン目となります。その期間は天皇誕生日の今日23日から1月8日までの17日間で、時間帯は17時〜21時まで。街の煌びやかなイルミネーションとは一味違う静かで風情ある景色を眺める事ができます。

国民の平和を祈り続けてくださる天皇陛下のお誕生日

私たち国民が日常的に天皇陛下のご公務について一喜一憂するような事は皆無と言って過言ではありません。それはつまり、長きに渡って安定的に天皇陛下のご公務が遂行されているということの他なりません。そして、多くの様々なご公務を遂行されながら、私たち国民のために欠かさず祈りを捧げてくださっている天皇陛下のお気持ちは、世論調査でもあるように殆どの人々が理解し寄り添えるものではないでしょうか。ご高齢となった天皇陛下のご体調を案じながら、皇室での安定したご公務の遂行が無理なく続けられることを祈りたい天皇誕生日です。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい