クリスマスにぴったりの香りは? オレンジ、シナモン、フランキンセンスをベースに 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

クリスマスにぴったりの香りは? オレンジ、シナモン、フランキンセンスをベースに

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

ホットワイン☆

ホットワイン☆

伝統的なケーキ、「シュトーレン」。

伝統的なケーキ、「シュトーレン」。

ジンジャーブレッドマン一家(?)

ジンジャーブレッドマン一家(?)

東方の三賢者の貢ぎ物は…。

東方の三賢者の貢ぎ物は…。

クリスマスの香りというと、どんな香りをイメージしますか。キーワードとしては、冬、祈る、祝う、楽しみ、おいしい、幸福…そんな単語が思い浮かびます。では、それらをアロマで表現するとしたら、どんな精油をチョイスしたらよいのでしょう。
柑橘系ならオレンジの温かい香り。ケーキをイメージするシナモンの甘くスパイシーな香り。そして、キリスト誕生のときに贈られたといわれるフランキンセンスの格調高い香り。クリスマスにぴったりなこれらの精油をベースに、クリスマスらしい香りを作ってみませんか。

クリスマスの香りをイメージしてみると……

クリスマスのおいしい香りは…と聞かれたら、ドライフルーツやナッツが入ったシュトーレン、シナモンやジンジャーたっぷりのクッキー、北欧のスパイシーなホットワインなどを思い浮かべます。それらに入っているオレンジとシナモンはまさに、クリスマスを連想させる香りです。
では、クリスマスという行事を連想する香りは…と聞かれたら、何を思い浮かべるでしょう。クリスマスはキリストの誕生を祝う日で、心静かにお祈りをします。聖書によると、キリストが誕生したとき、東方から3人の賢者がやってきて、貢ぎ物としてフランキンセンス、ミルラ、黄金を献上しました。伝承では、キリストはフランキンセンスを選んだといわれています。キリストが選んだフランキンセンス。古代から祈りのときに焚かれていたというフランキンセンスはまさに、クリスマスにぴったりの香りだといえるでしょう。

甘くて温かく、明るい香りの「オレンジ」。ケーキにもオーナメントにも

クリスマスに使う香りは、柑橘系だと、オレンジやマンダリンのように、甘い系統の香りがおすすめです。同じ柑橘系のなかでも、レモンやグレープフルーツはどちらかといえば、キリッ、スッキリ、シェイプアップをイメージしますが、静かに祈る冬の聖夜では、オレンジやマンダリンのように、甘くて温かいイメージの香りがぴったりです。
特にオレンジは、柑橘系のなかでは珍しく、リナロールという鎮静系の成分が含まれています。元気はつらつな夏向き、というよりは、明るく温かく、そして心を落ち着かせてくれます。
クリスマスのお菓子、シュトーレンやパネトーネにはオレンジピールが入っていたり、また、ツリーのオーナメントやリースにもドライオレンジが使われたりするので、オレンジはまさに、クリスマスにぴったりの香りです。

「シナモン」入りジンジャーブレッド。シナモンスティックをリボンでしばってツリーに飾る

クリスマスに欠かせないスイーツといえば、ジンジャーブレッドです。ケーキ屋さんのディスプレイなどでよく見かけますね。ジンジャーブレッドマンのようなかわいい人型のクッキーも定番です。このクッキーはジンジャーやシナモン、クローブなどを入れて焼きます。香りの強いスパイスは魔よけの意味があるといわれています。
また、シナモンスティックを何本かリボンで束ねてツリーに飾るのも定番ですね。シナモンからはほんのり甘くてスパイシーな香りがします。華やかなリボンでしばると、手間がかからないわりには豪華に見えるオーナメントです。
ヨーロッパではクリスマスに、日持ちのするフルーツケーキを焼きますが、ケーキにはオレンジピールやシナモンが使われます。そしてこれらはオーナメントとしても使われます。それらを飾るだけで、精油を使わなくてもいい香りがしてきそうですね(シナモンの香りはクセが強いので、精油をブレンドするときは控えめにしたほうがいいでしょう)。

神聖な香りの「フランキンセンス」。お祈りの儀式にも使われていた

フランキンセンスの香りは一言でいうと「神聖」な香りです。ウッディであり、スモーキーであり、ほんのり甘みがあります。別名は「オリバナム」。日本語では「乳香」とよばれています。
キリストが誕生したとき、東方からやってきた使者が、偉大な預言者の証としてフランキンセンス、偉大な医師の証としてミルラ、偉大な商人の証として黄金を贈り、伝承ではキリストはフランキンセンスを選んだといわれています。
紀元前から儀式などで焚かれていたフランキンセンスは、クリスマスの本質そのものを象徴する香りといえるのではないでしょうか。
クリスマスに似合う香りは、温かみのあるオレンジ、甘くてスパイシーなシナモン、神聖で深みのあるフランキンセンスの3種類をベースに、モミやローズウッド、サイプレス、シダーウッドなどのウッド系をはじめ、マンダリンやカモミール・ローマンなどをブレンドするのがおすすめです。ブレンドはもちろんお好みですが、はじめはクセの少ないオレンジを多めにするのが無難かもしれません。
アロマポットで焚いたり、雪に見立てた綿に精油をたらしてツリーに飾ってもいいかもしれませんね。今年のクリスマスはお好みの香りで、嗅覚をも刺激して楽しんでみてはいかがでしょうか。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい