何かと「お金」が気になる年末、「ブレア・ウィッチ」公開で考える…映画の製作費事情 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

何かと「お金」が気になる年末、「ブレア・ウィッチ」公開で考える…映画の製作費事情

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

1999年に大ヒットした「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」覚えてらっしゃいますか?
ハンディカメラで、ドキュメンタリータッチに撮られた低予算ホラー映画です。有名スターは一人も出演していないにもかかわらず爆発的に大ヒット。以後、続々と似たような映画が多数製作されました。そして2016年12月1日、満を持して「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の続編「ブレア・ウィッチ」がいよいよ日本公開されます。映画の内容もそうですが、映画の「興行収入」の概念も塗り替えたエポックメイキング的な作品となった1999年公開の「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」。
もう2016年も残り僅か。我が家の「収支」も気になる季節です。全国的に初雪も早く寒さがしみる今年の冬。少しでも暖かい気分になるべく…ちょっと「映画にまつわるお金の話」を考えてみます。

自撮りの元祖?「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」何がすごかったの?

1999年に公開された「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」。映画学科の学生達が「魔女伝説」の謎を解明すべく森の中へ入っていくところから始まりまるこの映画。森にいる「何か」に怯え、持ってきていたハンディカメラで、なんとかその「何か」をとらえようとする一部始終を映している、というドキュメンタリーの形をとり、物語は進んでいきます。ハンディカメラで撮影しているので終始画面は揺れ、観客の不安を煽ります。観客たちもカメラを構える若者たちと同じ目線になり、あたかも一緒にその森で様々な事を目撃しているような気分になるのです。このドキュメンタリー(事実)ではないのにドキュメンタリーのように撮影した映画を「モキュメンタリー」と呼びます。それまでも「モキュメンタリー」映画はありましたが、この「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」はハンディカメラでドキュメンタリー風に特化して撮影されたので、「モキュメンタリー」に再注目が集まりました。又、時にはハンディカメラを自分に向けて実況する場面も。さらに臨場感と恐怖を観客に与えました。まだ1999年はスマホもSNSもyoutubeもなかった時代。自撮りは、この映画の名シーンとして、予告などでたくさんメディアに流れたので覚えている方も多いと思います。まだ「自撮り」という言葉も存在していませんでしたね。元祖「自撮り」かもしれません。
又、この映画で最も注目されたのが、この映画の製作費なのです…。

日本映画は全て低予算映画!? 日米でこんなに違う、映画製作台所事情

「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の製作費はなんと日本円で約600万円だったそう。もちろんその予算では宣伝費はかけられません。なんと口コミだけで、映画の評判が広まり、最終的には興行収入約250億円を叩き出しました。なんと約4000倍の興行収入です。この「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」が発端となった「口コミで宣伝」のビジネスモデル。その後のSNS普及で劇的に進化しました。ジワジワと広がるものだった「口コミ」がほんの短時間(時には数秒!?)で世界中に拡散されるようになりました。現在は、試写などの段階でSNSの評判を参考にして映画の宣伝方法を決めたり、時には結末やストーリーまで変えてしまうなんて事もあるそうです。
映画の内容、宣伝の方法…などなどインターネットがまだ発展途中だった時代に製作された映画ながら現在のインターネット時代にぴったりマッチした、未来の映画事情を予見しているような…「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」がエポックメーキングな作品と言われる所以かもしれませんね。
製作費といえば、日米では大きな差が…日本映画は大作と言われるもので約10億円くらいの製作費と言われています。平均3〜4億円だそう。この金額は、ハリウッドのいわゆる大作に換算するとほんの2〜3分しか作れない金額だそうです。確かに有名俳優の一本の出演料が何十億円と聞くと、規模の違いを感じますね。ハリウッド映画は世界中がマーケットなので仕方ありませんが。ハリウッドからみれば日本映画は全て低予算映画となってしまいます。でも「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」のように内容が人々の心を引きつけ、多くの観客が観たい!と思う映画を作れば、どこの国からも製作費の何千倍と稼ぎ出す映画を発信することができるかもしれないのです。お金の話にしてしまうと身も蓋もないですが、夢がありますよね。事実、この「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」を観た多くの若者たちがハンディカメラ片手に似たような映画をたくさん製作しました(「パラノーマルアクティビティー」など)。これからはひょっとしたら、全編スマホで撮影!? なんて映画もできるかもしれませんね。

この映画も低予算映画?

大スター、シルベスター・スタローンが世に出るきっかけとなった映画、1976年公開の「ロッキー」。世界中で大ヒットしました。実は「ロッキー」はほぼシルベスター・スタローンの低予算自主製作映画だったのはご存知ですか。「ロッキー」がヒットするまで彼は鳴かず飛ばずの売れない俳優でした。でも映画に情熱を燃やしていた彼はなんとか大ヒット映画に主演して大スターの仲間入りをしたいと日々オーディションに明け暮れていました。でも中々良い役は回ってきません。それなら、と自分で企画脚本を書き映画会社に売り込みに行って製作にこぎつけたのが「ロッキー」なのです。低予算に抑えるためにエキストラは雇わず映画の舞台となったフィラデルフィアの街の人々に試合の観客になってもらったり、セットを組まずロケ撮影中心にしたり様々な工夫がなされています。世間から忘れられたボクサーがチャンピオンに登りつめる物語は彼自身とオーバーラップしていたんですね。だからこそ人々の共感を呼び世界中で大ヒットしたのかもしれません。後に次々と続編が製作され現在もたくさんのファンの心をつかむシリーズです。「アメリカンドリーム」など幻想だ、と言われて久しいですが、映画の世界だけでも「アメリカンドリーム」を実現させていって欲しいですね。
年末は忙しく出費も多い季節。時にはこんなお金にまつわる夢の物語で暖かい気持ちになって「寒さ」を吹き飛ばすのも良いかもしれません。
そして伝説の低予算映画「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の続編「ブレア・ウィッチ」が近日公開されます。どんな映画か楽しみですね。今回も大ヒットするのでしょうか、今回も観客の口コミ(今回はSNS上ですね)に明暗がかかるのでしょうか。
(注)2000年にも「ブレア・ウィッチ2」という映画が公開されています。こちらはモキュメンタリーではなく続編とはとらえられていないそうです。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい