お天気先生~雨にぬれずに旅をする~#1 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

お天気先生~雨にぬれずに旅をする~#1

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp



#1 防災に対する心構えは出来ていますか?

災害はいつどこで起こるかわからない。防災の心構えをしておきましょう!
気象予報士・中島俊夫が、旅先の気象や防災に焦点をあてつつ、“雨にぬれずに”旅をしています。旅のスタートは北海道。新千歳空港に降り立った中島気象予報士と撮影スタッフ一同は、tenki.jpの豪雨レーダーを駆使しながら、雨を避けながら車で旭川へ向かいます。今年の8月は北海道に3個の台風が上陸し、河川の氾濫や土砂災害など様々な災害が発生しましたが、ロケを行った9月中旬、美瑛川の様子はどうだったのでしょうか?中島気象予報士が現地をリポートします。車内にて)
中島 「今 富良野の方でね 出てるんですよね 雨ね。」
平(P)「富良野って“北の国”の富良野ですよね? 北の国から?」
中島 「北の国からです!w 雨雲が、はい 北の国からの。」
平(P)「北の国からの? あそこ雨なんですか。」
中島 「雨ですね。今日はいけない。でもそんなに長く続く雨じゃないんで、夜には止んでると思いますよ。」
平(P)「これ今 どこに向かってるんでしたっけ?」
中島 「旭川方面ですよ。」
平(P)「高速道路に乗っちゃってますけど、これ逃げようがないですよね?」
中島 「はい、そうですw」
平(P)「じゃあもうあなたの腕を信じて」
中島 「僕を信じていくしかないですね。」
平(P)「かっこいいところ見せてください」
中島 「見せます もちろん!」
美瑛町にて)
中島 「旭川に向かう、その途中で見かけた光景です。こちらをご覧ください。木がなぎ倒されています。こちらは上川郡美瑛町の美瑛川なんですけれども、この付近では雨はあまり降らなかったのですが、先月(8月)の台風の大雨によって、十勝岳連峰付近で降った雨が上流から下流まで流れてきまして 川が氾濫したんですね。そしてこのような状況になってしまいました。また奥の方、木が折れているんです。これは台風の暴風によって折れたものと思われます。北海道というのは降水量の少ない地域なんですけれども、そのような場所でもこのような被害が起きてしまったんですね。今はいつ、どこで、誰の身に同じ状況が起きてもおかしくありません。防災に対する心構えが必要です。」
詳細は動画:https://www.youtube.com/watch?v=cxOTGjtWim8をご覧ください!【動画の概要】
気象予報士が“雨にぬれずに”旅をする、旅動画です。「身近なお天気の話や、地元の方との交流、きれいな景色を求めて寄り道など、盛り沢山!11月9日から12月上旬まで、【水木金土日】曜日の週5回更新します。ぜひご覧ください!
【制作・著作】一般財団法人 日本気象協会 http://www.tenki.jp
【出演】中島俊夫(気象予報士)、平(プロデューサー)
【主題歌】カネコアヤノ「銀河に乗って」
【衣装協力】HOSU http://www.hosu.jp
次回は、「#2 雲海を見に行きましょう!」です。11月10日(木)の22時ごろtenki.jpサプリにて更新予定です。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧



関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい