オリーブオイルにサンマ味!?  ── 奥深き、アイスクリームの世界 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

オリーブオイルにサンマ味!?  ── 奥深き、アイスクリームの世界

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
味だけでなく、カラフルな見た目に楽しいアイスクリーム★

味だけでなく、カラフルな見た目に楽しいアイスクリーム★

アイスクリーム発祥の地

アイスクリーム発祥の地

青くてシャリシャリのアレもアイスではなく氷菓

青くてシャリシャリのアレもアイスではなく氷菓

スプーンですくいやすくなったら食べごろ

スプーンですくいやすくなったら食べごろ

暑い夏に食べたいスイーツの代表格といえば、やっぱりアイスクリームですね。
もちろん冬に食べてもおいしいですが、夏に食べるアイスはやっぱり格別!
最近では、様々な味・フレーバーのアイスが発売されていますが、今回は世界中の老若男女から愛されているアイスにまつわる豆知識をご紹介。
tenki.jpでは、アイスをおいしく感じる度合いをあらわす「アイス指数」も発信しているので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

アイスクリーム今昔物語

コンビニで気軽に買える品から、見た目も楽しめる話題の品まで、幅広く楽しめるアイスクリーム。
最近ではいろんなフレーバーがあって、食べてみたくなるアイスがたくさん登場しています。
たとえば、コンビニでよく見かけるスナック菓子のアイスクリームバージョン。
キャロットオレンジ、トマトチェリーなど野菜とフルーツを上品にミックスした味のもの。
なかにはフカヒレラーメンアイスや、インドカレーアイス、サンマアイスまで!
かなり衝撃的な珍しいものもたくさんあるのです。
また、6つセットで5000円以上する高級アイスもいっぱい。ドバイではなんと1個10万円もするアイスもあるのだとか。
アイスクリーム……なかなか奥深いスイーツです。
そんなアイスがはじめて日本で発売されたのは、明治2(1869)年のこと。
町田房蔵が、横浜馬車道通りに開いた「氷水屋」で製造・販売されたのがはじまりです。
原料は生乳、卵黄、砂糖といたってシンプル。
一人前の値段は、現在の価値で約8000円もしたため、浸透することはなかったといわれています。

あまり知られていない?アイスクリームの種類

ひと口にアイスクリームといっても、いろいろな種類があるのをご存じでしょうか?
乳成分の量によって、4種類に分けられています。
1/アイスクリーム
乳固形分15%のうち、乳脂肪分8.0%以上のものを「アイスクリーム」と呼びます。
ミルク感の強い濃厚なアイスです。
2/アイスミルク
乳固形分10%のうち、乳脂肪分3.0%以上のものを「アイスミルク」と呼びます。
牛乳とほぼ同様の乳成分を含んでいます。
3/ラクトアイス
乳固形分3%以上のものは「ラクトアイス」と呼んでいます。
さっぱりとしたミルクの味です。
4/氷菓
乳固形分はほとんどなくフルーツなどのフレッシュな味を楽しむものが多いです。
個人的にミルク味のアイスはどれも「アイスクリーム」と呼んでいたので、4種類も分類されているとは、意外な事実でした。

アイスの食べごろや、おいしいアレンジって?

アイスの食べごろは、カチンカチンに固まった状態ではなく、スプーンを入れるとすーっと入っていくくらいのやわらかさです。そのため、冷蔵庫で1時間半かけて解凍するのがおすすめ。そんなに待てないという人は、電子レンジでこまめにチェックしながらチンしちゃいましょう!
ところで、アイスクリームの上にあるものをチョイ足しすると、ぐっとおいしくなるのをご存じでしょうか?
■バニラアイス+インスタントコーヒー
クリーミーなバニラアイスの上にほろ苦く香り高いインスタントコーヒー豆をちらすと、モカ味に大変身。とてもマッチする組み合わせです。
■バニラアイス+黒みつ+きなこ
こちらの組み合わせは、言わずもがなのテッパントリオ。和風の味が楽しめます。
■バニラアイス+塩+オリーブオイル
意外なこの組み合わせは、ふつうの格安カップアイスが、一気に高級アイスの味になると最近話題になっています。
気軽に試せるアレンジアイスメニュー。ぜひ、試してみてください!


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい