AERA dot.

暑い日に食べた〜い“素麺&冷麦”。この2つの違い知っていますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

7日は「乾麺デー」。平安時代、七夕の日に天の川に見立て、麺類を食べる風習から制定

7日は「乾麺デー」。平安時代、七夕の日に天の川に見立て、麺類を食べる風習から制定

「手延素麺」は寒い冬に作られる

「手延素麺」は寒い冬に作られる

「冷麦」は「素麺」より太い

「冷麦」は「素麺」より太い

夏野菜と一緒に食べよう

夏野菜と一緒に食べよう

先週末から全国的に蒸し暑い日が続いています。そんな日は、冷たい「素麺&冷麦」が食べたくなりますよね。
実は、本日7日は「乾麺デー」。
1982年、冷麦や素麺など麺類の消費拡大を目的として、全国乾麺協同組合連合会と全国乾めん普及協議会によって制定されました。
暑くて食欲がない時でも食べやすい、この時季ぴったりな「素麺&冷麦」。
今回は、意外と知られていない2つの違いについてお教えします。

素麺と冷麦の違い

素麺(そうめん)と冷麦(ひやむぎ)は、どちらも小麦から作られる日本の代表的な乾麺です。
見た目は似ていますが、本来、素麺と冷麦は、製法や太さが異なります。
そもそもうどんを細く切ったものを「切り麦」といい、熱して食べるものを「熱麦」、冷やして食べるものを「冷麦」と呼んでいました。
つまり、「冷麦」は細打ちしたうどんのこと。小麦粉と塩と水を混ぜたものを練って延ばし、切ったものです。
一方、「素麺」は小麦粉と塩と水を練るところまでは同じ工程なのですが、練ったものに植物油を塗り、よりをかけて引き延ばし、天日干しにして作っていました。
現在では、製麺機で作られるものも多く、切って作る「素麺」もあれば、油を使って作る「冷麦」もあり、製造工程だけでは区別できなくなってしまっています。そこで、JAS(日本農林規格)では太さを基準に乾麺を分類しています。
■手延の場合
素麺 直径1.3mm未満
冷麦 直径1.3mm以上~1.7mm未満
■機械製麺の場合
素麺
角棒状の幅0.7~1.2mm、厚さ1.0mm未満
丸棒状で直径1.3mm未満
冷麦
角棒状の幅1.3~1.7mm未満、厚さ1.0~1.7mm未満
丸棒状で直径1.3~1.7mm

素麺は古いほどおいしい?

手延素麺は、雨が少なく乾燥した寒い冬に作られます。
その後、保管倉庫で寝かせられ、春を経て梅雨の高温多湿の気候により、発酵を起こし、熟成されます。
これを厄(やく)といい、厄を経たものは、製造過程で使う油の臭いも取れて、コシが強く歯ごたえがよくなり、滑らかさが増すといわれています。
その年の厄を越したものを【新物】
もう1年を経た2年ものを【古物(ひねもの)】
3年ものを【大古物(おおひねもの)】と呼び、この2~3年ものがおいしいとされています。
── 夏のお助け食材「素麺&冷麦」。野菜や豚しゃぶなど、不足している栄養素を補ってバランスよく食すのがオススメです。
参考:三輪そうめん 山本


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧



このエントリーをはてなブックマークに追加