梅雨でもルノワール:光溢れる印象派を体感しよう 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

梅雨でもルノワール:光溢れる印象派を体感しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
「ルノワール展」会場案内

「ルノワール展」会場案内

国立新美術館

国立新美術館

パリのムーラン・ルージュ

パリのムーラン・ルージュ

「ルノワール展」会場案内

「ルノワール展」会場案内

東京都港区の国立新美術館では、「オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展」が開催されています。見どころのひとつが、日本ではじめて展示されるルノワールの最高傑作《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》。全国的な梅雨明けはまだ先ですが、揺れる木漏れ日や幼子の柔らかな肌を描いた、幸せ感たっぷりな作品群の鑑賞で、しばし晴れ晴れとした心地に浸りたいものです。

時代の気分を味わえる展覧会

ピエール・ オーギュスト・ ルノワール(1841-1919)は、言わずと知れた印象派の巨匠。展覧会は、革新的な印象派の試みから、伝統への回帰、両者の融合へと至る彼の足跡を辿っています。加えて、同時代の画家たちや音楽家の作品を同時に見聞きできることで、印象派の時代の気分を体感できる仕組みになっています。
ルノワールの時代のパリは、1852年にナポレオン3世が皇帝となり、百貨店ボン・マルシェが開店。1855年には第一回パリ万国博覧会が開かれ、大衆による消費文化が花開いた時期でした。1867年パリ博では江戸幕府、薩摩藩、佐賀藩が工芸品などを出展し、美術界でジャポニスムが沸き起こりました。日本からの出品は1878年のパリ博にも続き、印象派絵画に大きな影響を与えたと言われています。
そして印象派のメンバーが集うカフェでは、たくさんの画家や文化人たちが親交を結びました。マネ、ドガ、モネ、ゾラ、セザンヌ…その中で、いつも人を笑わせていたのがルノアールだったといいます。

色彩は「幸福」を祝うために

1862年にミュージカルでお馴染みのユゴーの小説『レ・ミゼラブル』が刊行され大人気となり、1870年には普仏戦争、1871年にはパリ・コミューンが束の間の樹立となったこの時代。しかしルノアールは、決して世界の悲惨な場面は描きませんでした。
ルノワールが描いたのは、ダンスホールや酒場、カフェ、郊外の舟遊びといった、19世紀のパリ生活ではポピュラーなシーンばかり。小説家のゾラは、そんなルノワールの作品を「現代的な側面の幸福な探求」と形容しました。
そんなルノアールの世界の代表作のひとつが、1876年、140年前に描かれた《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》。陽気に語り踊る市井の人々を描いていますが、展示されている同様のモティーフを描いた同時代の作品と比べると、面白い発見があります。
他の画家が描いたのは夜の社交界であり、男女の駆け引きや妖艶なエロスまで漂っています。しかしルノワールからは、同じテーマの作品群でも、気のおけない仲間との交流の空気、そして明るい陽光など、まさに「幸福の色彩」が溢れ出ているのです。

一生に一度かも?初来日の作品たちをぜひ眼前で

《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》や同じく初来日の作品、最晩年の《浴女たち》の鮮やかな色彩は、おそらくどんな印刷物でも再現できないでしょう。展示では、ルノアールの次男で映画監督のジャン・ルノワールによる映画の一部が紹介され、また音声ガイドでは、同時代の作曲家、ラヴェルやドビュッシーたちのBGMも楽しめます。
そしてあと数日ではありますが、6月30日(木)まで、「梅雨でもルノワール」キャンペーンが開催されています。詳しくは展覧会案内のHPをご覧ください。
揺れ動く状況のパリ、そしてヨーロッパの今。展示会場に並ぶ、ルノアールが描いたふくよかな人々の笑顔を眺めていると、これも佳きヨーロッパの一面なのだと癒されます。光がきっと重い雲を散らしてくれることを祈りつつ、ルノワールの色彩に浸って、心地良い時間を過ごしたいものですね。展覧会は、8月22日(月)まで続きます。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい