あなたが傘を開くとき、水滴はここまで飛んでいた!?

2016/06/15 13:30

想像したことがありますか?濡れた傘を開いた時はどれくらいの水滴が飛んでいるのか。雨の日マナー違反としてよく挙げられる『傘と水滴問題』について、実験を行いました!その結果、傘の開き方によって水滴の飛び具合が違うことが明確に。傘の出番が最も多い梅雨の季節は、『雨の日マナー』を身につけて快適に乗り切りましょう!

さて、水滴はどこまで飛ぶと思いますか?
さて、水滴はどこまで飛ぶと思いますか?
やっぱり6月と7月は傘の出番No.1! 各地で続々と梅雨入りが発表され、梅雨シーズンに入りました。梅雨は、その名前の通り「雨」のイメージが強いですが、他の季節と比べてどれくらい雨が降りやすいのか・・・各都市における傘の日の日数(日降水量1ミリ以上の日数・平年値)を調べてみました。
※傘の日の日数が一番多い月をピンク色で囲っています。
※傘の日の日数が一番多い月をピンク色で囲っています。
都市によってバラつきはありますが、6月と7月が最も多くなっています。次いで9月の台風シーズンにも多く、夏は傘の出番が多い季節と言えそうです。 傘の出番が増えるほど、周囲の傘のマナーが気になります。 そこで、tenki.jpチームでは雨の日マナーを向上させるべく、「実際のところ、傘を開いた時はどれくらいの水滴が飛んでいるのか?」実験を行いました! 実験:雨の日マナー違反を検証! tenki.jpチームでは、ビニールのワンタッチジャンプ傘と色水を用いて、傘をワンタッチで開いた時の水滴の飛び具合を調査しました。 【実験方法】 ビニール傘の表面に色水(今回は水色に着色)を塗布し、所定の位置から傘をワンタッチで開きます。 開き方の違いで水滴がどのように飛ぶのか、勢いよく開いた場合(ケース1)と、ゆっくり開いた場合(ケース2)との2通り行いました。 結果:傘の水滴はここまで届いていた! 【ケース1】周囲を気にせず勢いよく開く編 勢い良く開いた時(ワンタッチを押して一気に傘を持ち上げたとき)、水滴の飛び方は広範囲になりました。写真だと少々分かりづらいのですが、なんと3メートルの所まで水滴が飛んでいました!(写真左上の拡大写真を参照) 少量でも飛んできたらやはり嫌ですよね。傘を開く時は、『周りに人がいないか』を必ず確認しましょう。 言葉にすると当たり前のことですが、 例えば・・・ コンビニを出たら正面の信号がちょうど青だ!渡りたい! と思ったあなたは、『周りに人がいないか』ちゃんと確認してから傘を開けていますか? 余裕がないと、意外と周りが見えなくなってしまうこともあります。 雨の日は時間に余裕を持って行動するというのも、大切です。

あわせて読みたい

  • 知らずに失礼しちゃってるかも!? 雨の日の訪問マナーを見直してみよう!

    知らずに失礼しちゃってるかも!? 雨の日の訪問マナーを見直してみよう!

    tenki.jp

    6/4

    今日は入梅。アレ、梅雨入りはもう発表されてるのに何故?

    今日は入梅。アレ、梅雨入りはもう発表されてるのに何故?

    tenki.jp

    6/11

  • 関東 週末の雨ピークは? お出かけは?

    関東 週末の雨ピークは? お出かけは?

    tenki.jp

    6/22

    一日でできる!自由研究 ~空に浮かぶ雲をペットボトルで作ってみよう~

    一日でできる!自由研究 ~空に浮かぶ雲をペットボトルで作ってみよう~

    tenki.jp

    8/19

  • 今年の「入梅」は6月11日!「梅雨入り」とは違うのでしょうか?

    今年の「入梅」は6月11日!「梅雨入り」とは違うのでしょうか?

    tenki.jp

    6/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す