夏素材といえば植物由来のコットン・麻。その違いや特性は? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

夏素材といえば植物由来のコットン・麻。その違いや特性は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

もう夏もすぐそこ。汗ばむ季節は、やはりコットンやリネン(麻)が気持ちいいですね。着ている本人はもちろん、まわりから見ても涼しげで気持ちいいものですよね。汗をかいてもお洗濯ができ、毎日さっぱりとした着心地で私たちを包んでくれます。太古の昔から人々に愛用されてきた天然素材、コットンと麻。もっとよく知り、これから始まる夏を迎えませんか。

それぞれ「最高級」と名付けられる極上品があります

夏になると肌触りのサラッとしたコットン素材や麻素材など植物から作られる天然素材を着る機会が多くなりますね。
それぞれ産地によって特性が異なり、又希少価値のある高級品が存在します。筆者が愛用しているお手頃でカジュアルな普段着に使われていることは滅多にないですが、「ここぞ」という時にいつかは身につけたいものとして覚えておくことにします。
<世界三大コットン>
⚫︎ピマコットン
アメリカ南西部で生産される長繊維コットン。名前の由来は産地であるアリゾナ州ピーマ郡からきています。中でもピマコットンを100%使用した高級コットンはスーピマコットンと呼ばれています。スーピマコットンは柔らかい肌触りが特長です。筆者も高級ブティックなどに置いてあるサマーニットの素材表記で度々見かけ触ったことがありますが、本当に柔らかくで抜群の肌触りでした。いつかは着てみたい憧れサマーニット素材です。ちなみに通常の綿花は白ですが、スーピマコットンの花は黄色く大きさも小さめ。生産量が少ないことから希少性も高くなったそうです。
⚫︎エジプト綿
その名の通りエジプトで生産される綿です。超長綿と呼ばれ、一本の繊維がとても長いのが特長です。繊維が長ければ長いほど糸を細く長く紡げるので、軽くてしなやかな生地を作れるというわけです。しなやかさは光沢感も生み出すので、シルクのようなコットンと言われています。この表面の滑らかさでヨーロッパでは赤ちゃんへの贈り物としてもよく使われているそうです。
⚫︎新疆綿
中国西北部、新疆ウイグル自治区で、やはり繊維が極めて長い品種から生産されているコットンです。
主に高級シャツ・高級シーツなどに使われることが多いようです。またカラーコットン(綿花自体が茶色や緑色など元々色つきの品種)の生産においては全世界のシェア50%以上になるそうです。カラーコットンは染めの必要がありません。環境保護の観点から、年々人気も高まっています。
<リネン・ラミー・ヘンプ>
麻は歴史が古く、なんと4000年前のミイラを包んでいた布として発見されています。
又、昔は高級素材で庶民には高嶺の花でしたが今やファストファッション店などで手軽に手に入れられるようになりました。
麻は原料となるものの品種によって呼び名が異なります。一番親しまれているリネンは「亜麻」、最近リネンより柔らかくしなやかなことで有名メゾンが夏素材として使用しているラミーは「苧麻」、ヘンプは「大麻」、がそれぞれ原料です。用途も異なります。

コットンとリネンの違いは?

原材料が違うのはもちろんですが、コットンは綿花・花の部分から、麻は主に茎の部分から、と使われる原料を取る部位が違います。コットンは丈夫ですが、麻ほどではありません。麻は10年使用することで適度な風合いが生まれるそう。
コットンはどうしても着用を重ねると風合いが落ちてしまいますが、麻は花より丈夫なしっかりとした繊維質の茎等でできているから使うほどに味が出てくるのですね。でもコットンの肌触りの柔らかさは何物にも変えられません。
それぞれ特性を持ったコットン・麻。これから迎える暑い夏はこの2つの素材が無ければ乗り越えられません。
どちらも乾きが早いので、こまめにお洗濯・お手入れをして、いつも洗いたての爽やかさを身につけていたいですね。

優秀になった、化学素材にも注目です

夏だけでなく、一年を通し広く愛用される化学繊維。化繊「カセン」と呼ばれ、あまり良いイメージがなかったかもしれませんが、家庭で洗濯できすぐ乾きアイロンいらず…と、暑い夏には手軽な素材として愛用されている方も多いと思います。主にポリエステルとレーヨンが主流です。ポリエステルは石油から作られる合成繊維。一方レーヨンは木材パルプを加工した再生繊維で土に還るエコ素材だそうです。レーヨンは元々シルクに近い繊維を目指して開発されたもの。筆者はサラッと気持ちの良い肌触りが好きでもっぱらレーヨンのサマーストールを愛用していますが、納得しました、レーヨンは天然素材に近いものだったのですね。
どちらも通気性は、コットン・麻ほどではありません。ピタッとしたデザインではなく現在流行中の「ゆるっとシルエット」のようなデザインを選べば風通しが良く暑い季節も気持ちよく過ごせますね。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい