「夢の酒」 ── 梅雨時にうとうとお昼寝して、みた夢は……

2016/05/18 16:30

季節の移ろいは早いもので、あと1カ月もしないうちに梅雨入りします。 爽やかな5月から一転、6月に入ると気温と湿度が上昇し、雨模様のうっとうしい季節がやってきます。 でも、なかにはしとしと音もなく降る雨の様に、そこはかとない情緒を感じる人も多いですね。 ヒットした歌謡曲やJ-POPには、雨を背景にした恋愛も多く歌われています。 そんな季節の、「夢」を題材にした落語をご紹介します。

雛人形の供養でも有名な淡嶋神社
雛人形の供養でも有名な淡嶋神社
他愛もない夫婦ゲンカ ある店の若旦那が奥でウトウトと昼寝をしています。 女房が風邪でもひくといけません、 と起こすと、若旦那は「なんで起こしたんだ、もう少しというところだったのに……」とご機嫌斜め。 「なんか面白い夢で見ていたんでしょう。聞かせてください」というので、夢の話を女房にします。 ── 向島に用足しにいったら、夕立にあった。 お得意様のお家で雨宿りをさせてもらうと、美しい女主人が出てきて、お酒も出る、ご馳走も出る。 酔ってしまって布団を敷いてもらうと何とその女主人が布団に入ってくる。 ……そこで起こされたんだ!── この他愛のない話に女房は、「普段からそんなことがあるといいな、と思っているんでしょう」と、夢にやきもちを焼いて怒り出し、ケンカになってしまいます。 女房は、仲裁に入った大旦那(若旦那の父)にたのみこみます。 それは、若旦那の見た夢の中に行って、その女主人に意見してやってください、という無理な注文なのでした。 「淡島様の上の句」を読むと…… 女房がいうには「淡島様の上の句を読み上げて寝ると、他人の夢のなかに入ることができると聞きました」。 そんなおまじないがあったようです。すこし噺(はなし)の筋からはなれてみましょう。 これは「われたのむ 人の悩みの なごめずば 世にあはしまの 神といはれじ」という古い歌の前半のことでした。 歌の意味は、「私を頼む人の悩みを慰めることができないのなら、世間に淡島様などと言われたりはしない(だから私に任せておきなさい)」といった意味でしょう。 淡島様は、和歌山県の淡嶋神社(和歌山市加太)を総本山とする淡嶋神のこと。 安産祈願、婦人病治療などに霊験があり、女性の悩みごとを聞いてくれる、という信仰があったようです。浅草寺にも淡島神をまつったお堂が現存しています。 噺に戻ってみると、大旦那は首尾よく夢の女主人に会うことができました。 そこで早速お酒……ということになるのですが、お湯がわいていないので、おかんをつけることができません。 「冷やでもよろしいですか」 「いえ私は冷やは飲まないことにしています」…… そこで、大旦那は女房に起こされてしまいます。「ああ、冷やでもよかった」というのが落ちです。 雨がしとしと降る中、静かに読書を楽しんだり、音楽を聴いたり……する人が多くなるこれからの季節。 うっかりお昼寝して、風邪など引かないよう気をつけてください。
お昼寝中のカエル
お昼寝中のカエル

あわせて読みたい

  • 「夢の酒」── 梅雨時にお昼寝。若旦那が見た夢は……

    「夢の酒」── 梅雨時にお昼寝。若旦那が見た夢は……

    tenki.jp

    6/16

    古典落語「千両みかん」── 食べ物はやはり、旬がいちばんのようで……

    古典落語「千両みかん」── 食べ物はやはり、旬がいちばんのようで……

    tenki.jp

    7/14

  • 「千両みかん」── 真夏にみかんを所望した若旦那。果物はやっぱり旬が一番

    「千両みかん」── 真夏にみかんを所望した若旦那。果物はやっぱり旬が一番

    tenki.jp

    7/14

    真夏にみかんが食べたくなった若旦那!──落語「千両みかん」

    真夏にみかんが食べたくなった若旦那!──落語「千両みかん」

    tenki.jp

    6/27

  • 情けは人のためならず ── 落語「唐茄子屋政談(とうなすやせいだん)」

    情けは人のためならず ── 落語「唐茄子屋政談(とうなすやせいだん)」

    tenki.jp

    6/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す