育てる楽しみ、食べるうれしさ! 5月はプランター菜園作りのベストタイミング! 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

育てる楽しみ、食べるうれしさ! 5月はプランター菜園作りのベストタイミング!

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
陽射しが差し込むキッチンでのハーブ作りも、とってもオシャレですね

陽射しが差し込むキッチンでのハーブ作りも、とってもオシャレですね

わくわくするようなおしゃれな菜園グッズも♪

わくわくするようなおしゃれな菜園グッズも♪

ベビーリーフの発芽。かわいいですね

ベビーリーフの発芽。かわいいですね

モリモリ元気いっぱいのパセリ

モリモリ元気いっぱいのパセリ

手間もかからず育てやすいローズマリー

手間もかからず育てやすいローズマリー

GWが終わり、陽射しが一段と強さを増したこの時季。
自宅で野菜を育てるのは難しそう……と感じている人も、自分で育てた愛着いっぱいの野菜を美味しく食せる「プランター菜園」に挑戦してみませんか。
実は、広い庭や、野菜づくりの特別な技術がなくても、おいしい野菜は育てられるのです。
── 今回は、ビギナーでも簡単に野菜づくりができる「プランター菜園」についてご紹介します。

プランター菜園に必要な道具って?

「家庭菜園」と聞いて、どんな印象を持ちますか?
めんどうくさそう。難しそう。手間がかかりそう……。
そんなイメージをお持ちの方もいるでしょう。確かに手間がかかるものもありますが、意外と簡単にできる野菜もあるのです。
これを機にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
まずは道具をそろえます。必要最低限なものは、こちら。
・プランター
・野菜用の土
・スコップ
・ジョウロ
・野菜の種や苗
購入の際、とくに重要なのがプランター選び。育てたい野菜によって、プランターが異なるので注意が必要です。
生育期間の短い、根が浅く張る野菜(ラディッシュやシュンギクなど)は、小型のプランターでOKですが、初心者の方には土がいっぱい入る底の深いプランターがおすすめ。
丈夫でおいしい野菜は、養分や水分を吸収するため、たくさんの土と栄養分を必要とするからです。

ビギナーでも作りやすい野菜とは?

そろえるべき道具がわかったところで、初心者向けの野菜もたくさんあるので、実際にトライしてみましょう。
●大葉
天ぷらやお刺身のツマに欠かせない大葉。育てる際にほとんど手間がかからないビギナー向けの葉野菜です。
【育て方】
1.4~6月中に種まきをします。このとき種と種の間隔を12~13cmほどあけます。
2.葉が重なってきたら、間引きを行います。
3.8~9月頃、草丈が20~30cmほどになったら、使う分だけ摘み取りましょう。
●ベビーリーフ
育てやすいうえに、根元にのびた子葉を残して追肥すればまた収穫ができるので、何度でも楽しめる野菜です。
【育て方】
1.小型のプランターのなかに湿らせた土を敷き、重ならないよう種をまきます。種の上に軽く土をかけて水やりをし、湿らせた新聞紙でふたをします。
2.2~3日で発芽するので、葉が10cmほどになったら収穫します。 ●パセリ
ビタミンA、ビタミンC、ミネラルが豊富で栄養満点! 長い間にわたって収穫ができるので「1回に使う量が少ないいので、パセリは買わないことが多い」「意外と値が張る」「つけあわせ以外に料理を思いつかない」……という方におすすめです。
【育て方】
1.種を一晩、水に浸しておきます。
2.土に小指大の穴を開け、たっぷり水を注ぎます。土の表面がある程度乾いたら8cm間隔で、穴のなかに5粒ほど水に浸しておいた種を蒔きます。穴に土をかぶせた上から水をかけたら準備は完了です。
3.10日ほど経つと発芽します。発芽後は15cm間隔になるよう間引きします。2週間に1度は追肥をしましょう。
3.葉が15枚ほどになったら収穫です。常に8枚程度残しておけば、長期間収穫することができます。── 採れたての美味しい野菜が食べられるだけでなく、育てる楽しみも味わえる家庭菜園。
産地直送、採れたて野菜とは、まさにこのことですね♪
一人暮らしの方であれば制約にもなりますし、料理好きな人なら、バジル、ミント、ローズマリー、パクチーなどのオーガニックハーブを育てるのも素敵ですね。
最近はおしゃれなプランターも増えているのでインテリアとしても大活躍してくれるはず!
ぜひトライしてみてくださいね。
※マンションのベランダでプランター菜園を楽しむ際は共有部分であることを忘れず、避難経路などにプランターをー置かないよう注意してくださいね。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい