4月23日はサンジョルディの日。世界 本の日と定められたのは何故? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

4月23日はサンジョルディの日。世界 本の日と定められたのは何故?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

サン・ジョルディの日とはスペイン・カタルーニャ地方のサン・ジョルディ伝説をもとに、バラの花と本を贈り愛を伝えあうイベントの日のことです。
その日にあやかり1995年11月、パリで開催されたユネスコ総会で、「世界 本の日」が設定されました。

「サン・ジョルディの日」の由来

「サン・ジョルディの日」の由来は、スペイン・カタルーニャ地方のサン・ジョルディ伝説をもとにしています。
カタルーニャはバルセロナを州都として、イベリア半島のつけ根に位置してフランスと国境を接するスペイン17州のひとつです。
スペインの中でも異文化の交流が盛んだったため、違う文化がうまく解け合って、独特の個性を見せています。
サン・ジョルディ(別名ゲオルギウス)はキリスト教の聖人のひとりです。
悪いドラゴンに苦しめられている王国を通りかかったサン・ジョルディは、いけにえに差し出された王女を救います。
その時退治した、ドラゴンの血が赤いバラになったという伝承があり、救った王女と騎士というロマンチックな伝説からでしょうか?サン・ジョルディは愛の守護聖人としてたたえられるようになりました。
4月23日は、サン・ジョルディが殉教した日ですが、いつしかこの日に、本と赤いバラを贈りあって、愛する気持ちを伝え合うようになったのです。

世界本の日

1995年11月、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)によって、読書・出版・著作権(知的財産権)保護の促進に関する国際デーが、毎年4月23日に制定されました。。
サン・ジョルディの日を「本の日」と呼び、書籍に関するさまざまな行事が定着していたスペインの提案によるものだったそうです。
この日を、本とそれにかかわる著作者たちの記念日とし、本のすべての普及活動を促進する「世界 本の日」としました

文豪セルヴァンテスとシェークスピアの命日です

また、この日は文豪として名高いスペインの作家セルヴァンテス(1616年4月23日没 代表作「ドンキホーテ」)
とイギリスの作家「シェークスピア」(1616年4月23日没 代表作「ロミオとジュリエット」「マクベス」「ハムレット」等」)の命日でもあります。
セルヴァンテスは、道に落ちている紙に書いてある文字さえ拾って読むほどの本好きだったそうです。

書店では、この日にあわせてブックフェアなどのイベントを開くところが多いようなので、あなたにピッタリの本と出合う、楽しいきっかけとしてはいかがでしょうか?
参考// wikipedia


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい