コールスローや回鍋肉(ホイコーロー)は今が食べ時!? 柔らかな甘みと歯触りを楽しむ、春キャベツ!

tenki.jp

畑の春キャベツ (11:00)tenki.jp

畑の春キャベツ (11:00)tenki.jp
栽培技術の発達で、1年中路地物が収穫できるようになったキャベツ。白菜のようなはっきりしとした旬はありませんが、出回るシーズンによって、それぞれに種類と特徴があるのをご存知ですか? 春キャベツ、夏秋キャベツ、冬キャベツ(寒玉)にわけられます。3月まで出荷される平たい形をして巻きのしっかりした冬キャベツは煮こみ料理に向き煮込むと甘味がでて煮崩れしません。一方、春キャベツは、巻きがゆるくやや縦長で水分を多く含みやわらかです。今回は美味しいキャベツの見分け方、食べ方をご案内します。 春キャベツと冬キャベツではこんなに違う! 美味しいキャベツの見分け方 ◆春キャベツ、冬キャベツ両方に言える見分け方 (1)芯の色 キャベツは芯の部分から変色をしていくため、芯の色が変色していないか、黒ずんでいないかをまずチェックます。 (2)芯の大きさ 小さすぎると若すぎたり、大きすぎると成長しすぎて苦みを感じたり。ちょうど良いものを選びます。500円程度の大きさがベストです。又、芯が割れている物は避けましょう。 (3)葉の色 葉の色が濃い緑色の物を選びましょう。 ◆冬キャベツの賢い見分け方 (1)形 丸のものではなく、楕円形の物を選びましょう。 (2)葉 葉の間は隙間がなくてギュッとしまっている物。葉は固く厚いものを選びましょう。 (3)重さ 持った時に重たくずっしりしているものを選びましょう。 ◆春キャベツの賢い見分け方 (1) 形 形は丸く小さい物を選びましょう。 (2) 葉 柔らかくて薄い物を選びましょう。巻きはゆるい物がいいでしょう。このようなキャベツは、水分をたっぷり含み、みずみずしいキャベツです。 (3) 重さ 持った時に軽い物を選びましょう。 同じキャベツでもこんなに違うんですね。これからの季節春キャベツが甘くて美味しい季節になってきます。是非お試しください。 春キャベツで是非つくって常備したい! 美味しいコールスローの作り方 春キャベツは、甘くやわらかく歯触りがよいため、生で食すかさっと炒める調理法がおすすめです。 揚げ物や肉料理、魚料理にちぎりキャベツや千切りキャベツもいいですね。 今回はバーベキューやフィッシュ・アンド・チップス、フライドチキンなどの付け合せとして食べられるコールスローのレシピを紹介します。千切りを作りすぎてしまったときにも保存がきいて美味しくいただけます。 ◆コールスローの作り方 【材料】(3~4人分) キャベツ 小ぶりのもの1/2個 にんじん 本 1/3本 ●酢 大さじ2~3 ●砂糖 小さじ1 ●塩 小さじ1/2 ◎マヨネーズ 大さじ4~5 ◎塩 少々 ◎ブラックペッパー(粗びき) 少々 【作り方 】 1 キャベツは洗ったあと、長さ3センチくらいの千切りにする。にんじんは皮をむき、同じく3センチくらいの千切りにする。 2 ボウルに●の調味料を入れ、よく混ぜる。その中に、①のキャベツとにんじんを加え、全体を混ぜ合わせて30分程おいておく。(10分おきに混ぜると味が早くなじみ美味しく仕上がる) 3 ②のキャベツとにんじんの水分をしっかり絞り、別のボウルに入れる。◎の調味料を加え、全体を混ぜ合わせて出来上がり。 日本一重くて大きいキャベツを競うベジコン! 優勝キャベツは何キロ!? 2014年第2回ベジコン優勝の福島県立会津農林高等学校14.4kgを大幅に超え、2015年第3回全国農業高校ベジコンでは、北海道美幌高等学校 が26.5kgと堂々の優勝でした。 キャベツはお好み焼きにして食したそうです。 ヨーロッパ原産で、4000年前から栽培されているキャベツ。古来より薬効 があることが知られていて、ローマ人たちは長い間キャベツを内服あるいは外用で、あらゆる病に用いてきました。 キャベジンとも呼ばれるビタミンUという成分には、胃酸の量を調整し、胃壁の粘膜を修復する働きがあります。また、浄化剤やパップ剤(湿布)としても重用され、葉をたたきエキスを染み出させて患部にあてて利用しました。搾り汁をはちみつに混ぜて咳止めやのどの痛みを治すシロップとしてのレシピも。古代ローマでは万能薬として重宝されていました。 ここまで大きくなる種類もあるなんて、古代ローマ人もびっくりでしょうね! 春キャベツで何度もリピートしたい!美味しい回鍋肉(ホイコーロー)の作り方 季節の変わり目の3月4月は体の疲れがでやすい時期です。美味しいキャベツメニューで元気にのりきりたいですね! ◆回鍋肉(ホイコーロー)の作り方 【材料】 肉(バラスライスやこまぎれ等) 150g きゃべつ 1/6位 長ネギ 1/3位 ピーマン 1~2個 ごま油 大さじ1 ■ 調味料 しょうゆ 大さじ1 甜麺醤(テンメンジャン) 大さじ1 酒 大さじ1 砂糖 小さじ2 豆板醤 小さじ1~2 水 大さじ1 片栗粉 小さじ1 おろしニンニク(あれば)  小さじ1もしくはチューブ1センチ 【作り方】 1 調味料は合わせておく。 2 材料は食べやすく切る。(キャベツは手でちぎる、ピーマンはざく切り、ネギは斜め薄切り) 3 フライパンを熱し、油を入れ豚肉を強火で炒め、色が変わったら長ネギ、キャベツ、ピーマンの順に入れてさっと炒める。(炒めすぎ注意、野菜がまだかたいくらいが程よい) 4 火を弱め、調味料を良くかき混ぜてから入れる。 1分~2分炒め調味料が絡んだら出来上がり! 水分がでないうちに火を止める。 ※春キャベツは水分がでやすいので、水分が多く出る場合は水と片栗粉で調整します。 【参考】 「クックパッドのおいしい厳選!野菜レシピ」

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック