本日(現地時間)より開催、トライベッカ映画祭。インディペンデント映画の祭典です! (1/2) 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

本日(現地時間)より開催、トライベッカ映画祭。インディペンデント映画の祭典です!

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
トライベッカ地区を象徴するようなレンガ作りの趣のある建物

トライベッカ地区を象徴するようなレンガ作りの趣のある建物

4/13(現地時間)から始まるトライベッカ映画祭。2001年の同時多発テロをきっかけに俳優のロバート・デ・ニーロらがNYの復興を願いスタートさせた映画祭です。ロバート・デ・ニーロが生まれ育った地区、芸術家達が集まる地区としてこの地が選ばれたようです。ゴールデンウィークはおうちでゆっくり映画観賞、またニューヨーク旅行を計画している方もいるのでは。GW直前、インディペンデント映画、トライベッカ地区の見どころなどなど調べてみました。筆者は残念ながら旅行の予定はないので行った気分で楽しみたいと思います。

NY、トライベッカ地区ってどんなところ?

皆さん、ニューヨーク…と聞いて思い浮かべるイメージはどんなものですか?
自由の女神、セントラルパーク、マンハッタンの摩天楼…世界一の都市です。たくさんのイメージが浮かびますよね。
雰囲気のある古いレンガ作りの建物が立ち並ぶ街の風景が思い浮かぶ方もいると思います。まさにその風景がトライベッカ地区。同じく芸術家達が多く集まりオシャレな地区として有名なソーホー地区とも隣接しています。
デミ・ムーア主演の大ヒット映画「ゴースト ニューヨークの幻」ー1990年公開ー の中でデミ・ムーアが恋人と暮らす為に見つけた倉庫のような古い建物。そこを恋人と二人でDIYして、それはそれは広くてオシャレな住居兼アトリエに改造していくシーンから始まるこの映画。それまで筆者はニューヨークのイメージといえば、きらびやかなネオンのタイムズスクエアや、怖い地下鉄でしたが、この頃から古い建物が残る落ち着いた大人の街のイメージもプラスされました。
実際にこの二人のアパートはトライベッカ地区ではないようですが、いつかもし、NYを旅することができるなら、映画好きの筆者としてはトライベッカ地区は是非行ってみたいスポットです。「ゴーストバスターズ」など多くの映画の舞台となっているトライベッカ地区。ロケ地巡りも楽しそうです。
「トライベッカ」は地名ではありません。地区を通る通りの頭文字。同じく「ソーホー」も地名の頭文字を略したものだそう。東京で例えるとしたら…ブロードウェイやタイムズスクエアが渋谷や新宿ならトライベッカ地区は「裏原」「谷根千」といったイメージかもしれませんね(⁉︎)。どちらも元々は倉庫街でしたが1970年頃から芸術家達が集まり始めどんどんNYを代表する押しも押されぬセレブな地区として変貌を遂げたそうです。今ではロバート・デ・ニーロを始め多くの著名人が暮らす街に。最先端ファッションが楽しめるショップも多く立ち並び、美味しいカフェやレストランも多数、朝から夜まで楽しめる地区です。一度もNYへ行ったことのない筆者。映画好きとしてはますますいつかいつかは行ってみたいところになりました。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい