雷様は稲の妻? 七十二候「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」

2016/03/31 11:00

3月30日より、春分の末候「「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」。この時期より秋分にかけて、雷の発生が多くなるシーズンです。雷を発生させる寒冷前線や積乱雲は、雹や大雨を降らせたり、そして落雷では人身被害や火災、停電を起きたりと、何かと厄介ですが、古来より雷は稲作に恵みをもたらすとされ、篤く信仰されてきたのです。

あわせて読みたい

  • 雷、上から落ちるか下から昇るか?七十二候「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」

    雷、上から落ちるか下から昇るか?七十二候「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」

    tenki.jp

    3/31

    キャンプやBBQ、フェス。ぜひ「落雷」対策を!

    キャンプやBBQ、フェス。ぜひ「落雷」対策を!

    tenki.jp

    6/26

  • 下町は雨になりけり春の雷―俳句歳時記を楽しむ

    下町は雨になりけり春の雷―俳句歳時記を楽しむ

    tenki.jp

    3/31

    勤労感謝の日とは、もとは新嘗祭の日。柳田国男の言葉から、稲の恵みについて思い起こしてみよう

    勤労感謝の日とは、もとは新嘗祭の日。柳田国男の言葉から、稲の恵みについて思い起こしてみよう

    tenki.jp

    11/23

  • 天下の俗説「サ神」信仰の矛盾とは?和風月名「皐月(さつき)」考

    天下の俗説「サ神」信仰の矛盾とは?和風月名「皐月(さつき)」考

    tenki.jp

    5/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す