白酒・甘酒・桃花酒・・・あのひなまつりの思い出は、カン違いだったのでしょうか?

ひなまつり

2016/03/03 11:00

今日は桃の節句。「す〜こし しろざけ めされたか♪ あ〜かい おかおの 右大臣〜」(童謡『うれしいひなまつり』)。この歌が事実なら、大人の男性が少し飲んだだけで顔が赤くなってしまうなんて、白酒のアルコール分はけっこう高そうです。けれど、そもそも白酒って晴れ着姿の少女たちが飲むために作られたものなのでは? もしや子供の頃ひなまつりに飲んだ白酒は、歌とは違う飲み物だったのでしょうか?! そして桃の花との関係は・・・

あわせて読みたい

  • 9月9日「重陽の節句」は、なぜ知名度が低い?のでしょう?

    9月9日「重陽の節句」は、なぜ知名度が低い?のでしょう?

    tenki.jp

    9/8

    古今東西でこんなに違う! 知ればもっと楽しめる「ひなまつり」

    古今東西でこんなに違う! 知ればもっと楽しめる「ひなまつり」

    tenki.jp

    2/26

  • 弥生の旬の食材といえば?旬を取り入れ3月の行事の食卓を楽しもう!

    弥生の旬の食材といえば?旬を取り入れ3月の行事の食卓を楽しもう!

    tenki.jp

    3/2

    桃の節句!邪気払いの「桃」の花と「梅」「桜」の区別がつきますか?

    桃の節句!邪気払いの「桃」の花と「梅」「桜」の区別がつきますか?

    tenki.jp

    3/3

  • 七十二候「桃始笑(ももはじめてさく)」……笑顔のように愛らしい桃の花が咲くころ

    七十二候「桃始笑(ももはじめてさく)」……笑顔のように愛らしい桃の花が咲くころ

    tenki.jp

    3/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す