密かなブーム!? 「大人のなわとび」で基礎体力アップ!  最近は、計測機能付きなわとびもあり

2016/02/26 16:30

冬の間にカラダが鈍ってしまっていませんか。 春本番を迎える前に、少しずつカラダを動かして、溜まってしまった贅肉を落としていきたいですね。 今の時期、おすすめするのが「なわとび」です。 なわとびは小学生のものと思うなかれ。最近では、測定器付きなわとびなど、様々なタイプのなわとびもあるのです。 なわとびは全身運動のうえ、大人になるに連れ失いがちな、リズム感や瞬発力、持久力を高めることができるスグレものなのです。 手軽に始められるなわとびで、健康づくりを始めませんか。

近所の公園や家の駐車場などで、気軽に始められるのがメリット
近所の公園や家の駐車場などで、気軽に始められるのがメリット
インナーマッスルに効く! 効率よく脂肪を燃焼しよう 小学校で、二重跳びや交差飛びの練習を一生懸命していた頃からウン十年。 大人になった今、少し飛ぶだけであっという間に息が上がってしまうことは、経験者ならお分かりになるかもしれません。 そう、なわとびは想像以上にハードな有酸素運動なのですね。ジャンプして着地するという単純な運動の繰り返しですが、腹部、背中、足首、ふくらはぎ、ふともも、腕、肩まわりと、効率よく全身を燃焼させ、基礎代謝を上げることができるのです。 とくに鍛えられるふくらはぎは、筋肉が活性化することで、血液の循環が向上。冷えやむくみ防止だけでなく、疲れにくい体質になっていくのですね。 また飛ぶときには適度に腹部に力が掛かり、インナーマッスルも鍛えられていきます。 これにより体のバランスもよくなっていけば、身も心も軽やかに——! なわとびはいいことずくめ、なのです。 意外と知らない、適切な縄の長さとは? なわとびは、先ほども述べたように有酸素運動なので10分程度続けるのが理想ですが、最初は1分でもキツイはず。 初めのうちは1分飛んだら少し休んで1分、というように、休憩を入れながら少しずつ時間をのばしていけるといいですね。 気持ちよく飛ぶために、ポイントとなるのが縄の長さです。 一般的には身長+55cmといわれていますが、それでダメなら、片足で縄跳びの中央を踏んでグリップの付け根がみぞおちからヘソの位置にくる長さに調整してみてください。 これはあくまでメドですが、自分の飛びやすい長さに調節することが正しい有酸素運動につながりますし、何より、筋肉に不要な負荷をかけない秘訣となります。
適切な長さは、身長+55cm
適切な長さは、身長+55cm
測定器付きなわとびでモチベーションUP! 結果が見えないとモチベーションも上がらない、という方にオススメなのが、測定器付きのなわとびです。 飛んだ回数が分かるカウンター付きや、カロリー計測機能付きのなわとびを使えば、目標設定しやすいはず。 また、グリップのみのエアーなわとびは、室内でもできるので、場所も天候も選ばない、テレビを見ながらでもできるという手軽さがあります。 なわとびの注意点は膝に負担がかかりやすいこと。駐車場などコンクリートの上で行う場合は、底にクッション性のあるスニーカー等を履いて負担を軽減させましょう。 長い時間飛ぶ場合や、体重の重さで足に負担が掛かる場合は、公園など芝の上で行うほうがいいですね。 さあ「大人のなわとび」で、童心に返って、理想のカラダづくりにチャレンジしてみましょう!

あわせて読みたい

  • 1日10分!「なわとびダイエット」でスリムボディを手に入れよう

    1日10分!「なわとびダイエット」でスリムボディを手に入れよう

    tenki.jp

    2/12

    自転車、ウオーキング、有酸素運動がアルツハイマー病に効果あり

    自転車、ウオーキング、有酸素運動がアルツハイマー病に効果あり

    週刊朝日

    12/20

  • 【TBS『金スマ』出演で大反響となった中野ジェームズ修一が教える!】 「寝ても疲れがとれない……」 「体力が落ちた……」 と思ったらやってみるべきこととは?

    【TBS『金スマ』出演で大反響となった中野ジェームズ修一が教える!】 「寝ても疲れがとれない……」 「体力が落ちた……」 と思ったらやってみるべきこととは?

    ダイヤモンド・オンライン

    10/15

    2月は「全国生活習慣病予防月間」!普段の生活を見直してみませんか?

    2月は「全国生活習慣病予防月間」!普段の生活を見直してみませんか?

    tenki.jp

    2/7

  • ズルできない優秀機能も 13万円のスポーツウォッチの実力検証

    ズルできない優秀機能も 13万円のスポーツウォッチの実力検証

    AERA

    3/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す