「建国記念の日」は日本ができた日じゃない? 本当の意味を知って、建国を祝いましょう!

tenki.jp

2月11日は「建国記念日」ではなく「建国記念“の”日... (18:30)tenki.jp

2月11日は「建国記念日」ではなく「建国記念“の”日... (18:30)tenki.jp
明日11日は「建国記念の日」です。 「明日は建国記念日だよねー」なんて言っているかもしれませんが、カレンダーをよく見ると……「建国記念日」ではなく「建国記念“の”日」と書いてあることをご存じですか? 実はこの“の”には、深〜い意味があるのです。 「建国記念の日」が制定された経緯を知ると、その意味がよくわかります。 自分たちの暮らす国ができた記念の日。本当の意味を知ってお祝いしましょう。 建国記念日はいつ定められたの? 国民の祝日は、1948(昭和23)年に施行された「国民の祝日に関する法律」で定められます。 ちなみに、本年度は8月11日が「山の日」として新しく制定されたため、祝日の数は全部で16日となります。 「建国記念の日」は、「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として、1966(昭和41)年に定められました。 この2月11日という日付は、初代天皇とされる神武天皇の即位日である【旧暦】紀元前660年1月1日にあたり、明治に入って【新暦】に換算した日付というわけなのです。 紀元節から建国記念の日へ そもそも明治時代には、「紀元節」と呼ばれる建国を祝う祝日がありました。 しかし、第二次世界大戦後の1948(昭和23)年、「紀元節を認めることで、天皇を中心として日本人の団結力が高まるのではないか」というGHQの懸念により「紀元節」は廃止されることになります。 その後、国民の間で「紀元節」復活の動きが高まったものの、9回の議案提出&廃案を経て、1966(昭和41)年にようやく、「建国記念の日」は国民の祝日に追加されることに……。 「記念日」ではなく、「記念“の”日」とするワケ 成立までに時間がかかった背景には、 ①「紀元節」の復活に意義を唱える野党等からの反発や、 ②現在の歴史学では神武天皇の存在に確証がなく「正確な起源が分かっていないのに建国記念日など定められない」とする学者からの意見が多くあったことがあげられます。 最終的に、史実に基づく建国された日とは関係なく、たんに建国されたという事実をお祝いするという考えのもと、「記念日」ではなく「記念の日」となりました。 ── 名前は変われど、国の誕生を祝う気持ちは一緒。 明日は自分の国を想う1日にしたいですね。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック