「シネマ歌舞伎」であの舞台をもう一度…2月はあの名コンビが登場します! 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「シネマ歌舞伎」であの舞台をもう一度…2月はあの名コンビが登場します!

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

棒縛りのイラスト

棒縛りのイラスト

東風吹かば…今週末はあたたかな日和が訪れる気配ですね。そんな週末、2月13日から「シネマ歌舞伎」に故人となった名優で盟友の二人、中村勘三郎と坂東三津五郎の二人が登場します。
早いもので、勘三郎さんは昨年12月に四度目の忌日を迎え、三津五郎さんは今月21日に一周忌を迎えます。お酒にまつわる楽しい舞踊、「棒縛り」の上映について、観方と楽しみについてご紹介します。

シネマ歌舞伎、2月13日の舞台挨拶にはご子息・巳之助さんが花を添えます

歌舞伎という演劇を映画館で楽しめる、映像の玉手箱…「シネマ歌舞伎」、今月は若くして惜しまれつつ逝ってしまった二人の名優(盟友)である、十八代・中村勘三郎と十代坂東三津五郎の登場です。
初日の舞台挨拶には、ご子息の坂東巳之助さんをはじめ多彩な顔ぶれで初日を彩ります。なんと、舞台挨拶の上映チケットは完売しているという人気ぶりです。
一周忌を迎える三津五郎さんは、舞踊・坂東流の家元でもあり、踊りの名手として知られていました。
今回その至芸を、華やかな「喜撰(きせん)」、思わず笑みがもれる楽しい「棒縛り」の二作品の映像で再会することができます。

「棒縛り」の継承

三津五郎さんと勘三郎さんの「棒縛り」は、歌舞伎初心者の方にもおすすめの演目です。狂言を舞踊化した演目ですので、コミカルなストーリーであり、学生の皆さんも授業で教わる初めての伝統芸能ではないでしょうか。
お殿様から留守番を言い渡された太郎冠者と治郎冠者、二人の酒好きを知っているお殿様は「絶対に盗み酒をしてはいけない」と言い含められるのですが、いけないと言われると破りたくなるのが人情…あの手もの手でお酒を飲もうとする姿が何とも言えず優しい笑いを誘います。
この演目は、それぞれのご子息である、中村勘九郎さんと坂東巳之助さんにしっかりと継承されており、昨年お二人での上演が実現しています。人気の演目ですので、これからも再演されると思いますから、まずは映像でそれぞれの父の芸を観て、次に継承された芸を舞台で観るというのはいかがでしょうか?

チケットも手に入れやすい「シネマ歌舞伎」

映画館での上映ですので、チケット代が懐に優しいのも魅力の一つです。
一般料金  2,100円(税込)
学生・小人 1,500円(税込)
特別鑑賞券 1,800円(税込)…2月12日までの販売
*シネマ歌舞伎サイト参照
チケットは、各上映映画館、歌舞伎座、新橋演舞場、南座、大阪松竹座、ローソンチケット、e+(イープラス)、セブンチケット、チケットぴあにての販売とともに、シネマ歌舞伎のwebからも席の予約ができます。
何度でも観たい歌舞伎ファンの方も、歌舞伎は観たいけれどなかなか…という方も、上映時間も短く、チケット予約も便利なシネマ歌舞伎は心強い味方になりそうですね。
《参考》
歌舞伎美人(かぶきびと)
シネマ歌舞伎公式サイト


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい