古代ギリシャ人もお取り寄せ⁉  いまが旬!日本人が大好きな味覚、「カキ(牡蠣)」の歴史を紐解く

2016/01/27 16:30

「岩から『かき』落とす」ことからその名がついたとも言われる「カキ(牡蠣)」は、冬の味覚の一つ。
鉄分やカリウム、亜鉛などが豊富な、栄養豊かな食材です。
「海のミルク」という別名もあり、肝臓の働きを助け、疲労回復に効く食材としても知られます。
昔はすべてオスだと思われていたため「牡蠣」という字が当てられますが、実はカキは雌雄同体。
生殖期になると、交代で雌雄の役割を果たすのだそうです。
2回シリーズでお届けするカキのお話、まず前編では「人間とカキの歴史」を紐解きます!

あわせて読みたい

  • いま食べないともったいない⁉  旬を迎えたカキの驚くべきパワー

    いま食べないともったいない⁉  旬を迎えたカキの驚くべきパワー

    tenki.jp

    1/25

    中世ヨーロッパのスパイス煮込みから、カキ入り(?)のカクテルまで……世界のカキ料理をご紹介!

    中世ヨーロッパのスパイス煮込みから、カキ入り(?)のカクテルまで……世界のカキ料理をご紹介!

    tenki.jp

    1/27

  • 11月21日は「カキフライの日」。海のミルク・牡蠣を知って美味しくいただこう!

    11月21日は「カキフライの日」。海のミルク・牡蠣を知って美味しくいただこう!

    tenki.jp

    11/21

    名勝・屏風ヶ浦がもたらす海の幸・夏牡蠣シーズン真っ只中です

    名勝・屏風ヶ浦がもたらす海の幸・夏牡蠣シーズン真っ只中です

    tenki.jp

    7/20

  • コロナだけじゃない! ノロ、鳥インフル…実は怖い“感染症”

    コロナだけじゃない! ノロ、鳥インフル…実は怖い“感染症”

    週刊朝日

    11/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す