カムバック請負人、アカデミー賞請負人、そんな監督たちの映画が面白い⁉︎ (1/2) 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カムバック請負人、アカデミー賞請負人、そんな監督たちの映画が面白い⁉︎

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

ゴールデングローブ賞授賞式が終わり、来月はいよいよアカデミー賞授賞式が開催されます。
ノミネート作品など映画が気になる季節です。今回はアカデミー賞とも関係の深い二人の監督、クェンティン・タランティーノ監督、デヴィッド・O・ラッセル監督の魅力に迫ってみたいと思います。

カムバック請負人と言えば…クェンティン・タランティーノ監督が有名です。

クェンティン・タランティーノ監督…映画が好きで好きでたまらない少年がそのまま大人になったような永遠の映画少年です。
子供の頃から観てきた膨大な映画の数々。彼はそんな大好きな映画へのオマージュを臆することなく自身の監督作品に投影することで有名です。深作欣二監督など日本映画からも多大な影響を受けていると言われています。「キル・ビル」を観れば一目瞭然ですね。
又彼は、自分が愛して止まない「映画」に出ている俳優たちにも並々ならぬ思い入れがあるようです。
彼がかじりついて観ていたスクリーンに映し出されていたスター達が落ち目になっているのを放っておけないようなのです。彼が復活させたスターと言って真っ先に浮かぶのは、ジョン・トラボルタではないでしょうか。
「サタデーナイトフィーバー」でブレイクしたトラボルタですが、その青春スターのイメージをなかなか払拭できず、出演作は続いたものの大人のヒット作には恵まれず低迷期が続いていました。そこに現れたのがデビュー作「レザボアドッグス」のヒットで注目を集めていたタランティーノ監督です。彼はトラボルタを主役に迎え「パルプフィクション」を大ヒットさせました。インパクトのある髪型(センターパーツのロングヘア)で「サタデーナイトフィーバー」のセルフパロディのような奇怪なダンスを踊る殺し屋を演じたトラボルタは、見事再ブレイク。その後は次々と大作の主役に抜擢されていきました。1ファンとして観客の目線で大好きな俳優たちをつぶさに見続けてきた彼だからこそ、その俳優の隠れた魅力を引き出す事に長けているのかもしれませんね。
タランティーノ監督がカムバックさせた俳優は他にも。「ジャッキー・ブラウン」では70年代に人気を博した、パム・グリア。彼が熱狂的なファンとして有名な千葉真一も「キルビル」に出演しました。

近年、受賞男優&女優の陰にこの人あり。

デヴィッド・O・ラッセル監督ご存知ですか?
彼の最近の3作は2010年の「ザ・ファイター」、2012年の「世界でひとつのプレイブック」、2013年の「アメリカンハッスル」。「ザ・ファイター」では助演男優賞/クリスチャン・ベイルと助演女優賞/メリッサ・レオ、「世界でひとつのプレイブック」では主演女優賞/ジェニファー・ローレンスがそれぞれオスカーを手にしました。「アメリカンハッスル」は無冠に終わりましたが10部門にもノミネートされました。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい