『あさが来た』『花子とアン』『八重の桜』、時代はどう重なっていた?受け継がれる不屈の精神を振り返ろう

あさが来た

2016/01/20 11:00

NHKの連続テレビ小説『あさが来た』が、好調に後半を迎えました。スタート時は初の「ちょんまげ朝ドラ」で、幕末から維新を武士ではなく商人の視点から描き、商都・大阪の舞台設定も新鮮ですね。大いなる足跡を残しつつ、これまであまり知られていなかった広岡浅子(ドラマでは白岡あさ)を、同じくNHKの『八重の桜』の新島八重、『花子とアン』の村岡花子らとも重ね合わせながら、その実像を掘り起こしてみましょう。

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す