家電や電子機器から“神薬”と呼ばれる医療品まで! アジア人観光客が爆買いする人気の日本製品って? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

家電や電子機器から“神薬”と呼ばれる医療品まで! アジア人観光客が爆買いする人気の日本製品って?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
秋葉原は多くのアジア人が家電を買い求める「爆買い」の名物スポット

秋葉原は多くのアジア人が家電を買い求める「爆買い」の名物スポット

最近、ドラッグストアで「免税 TAX FREE」の案内をよくみかけますよね

最近、ドラッグストアで「免税 TAX FREE」の案内をよくみかけますよね

性能がよく見た目もスタイリッシュな、大人向けの魔法瓶も受けがいい

性能がよく見た目もスタイリッシュな、大人向けの魔法瓶も受けがいい

年々増加する来日外国人観光客数。なかでも中国や香港、韓国などのアジア人が、近年多く来日。
日本政府観光局のHPによると、中国の訪日累計数が275万6000人(2015年7月付)で、昨年の年計240万9000人を早くも上まわり、それとともに香港も昨年(92万6000人)をすでに超え、99万人(8月まで)に到達。
そんなアジア人観光客の来日目的の多くが、日本製品をまとめ買いする「爆買い」。
購入商品の多くは家電や化粧品ですが、なかには「えっ」と驚く意外なものまで購入されていました!

アジア人観光客に爆買いされている日本製品とは?

「爆買い」とは、2014年10月からの消費税免税制度の拡充と、円安の影響により、アジア人観光客が日本製品をたくさん購入する現象のこと。
家電や美容商品、お菓子をはじめ、便座やマンション、土地にいたるまで、私たちの想像を越えるものまで爆買いしています。
は、どのような日本製品がアジア人観光客に人気なのでしょうか。
爆買いされている主な一覧がこちら⬇
●サプリメント、健康食品、医療品  ●家電製品  ●包丁や爪切りなどの工芸品  ●浴衣を含む和服
●食品  ●デジタルカメラ、ノートパソコンなどのAV機器、電子機器  ●化粧品  ●洋服 ●おむつ
●美顔スチーム、目元マッサージ器などの美容関連商品  ●観光地キーホルダー、ストラップ ●わさび
●腕時計、ネックレス、貴金属などの装飾品  ●ゲーム機、ゲームソフト  ●不動産物件
●コミック、DVD、キャラクターグッズなどのアニメ関連商品  ●タレント関連商品
自国にもあるけれど質が違うものや、工芸品や和服など日本の伝統的なものなどその種類はさまざま。
ひと口に「食品」といっても、梅干しやふりかけなどのごはんのおともが人気だったり、お菓子のなかでも抹茶のもの味がとくに好評だったり、どこか日本らしいものが支持されているようです。

「日本に行ったら買わねばならない神薬”」って、どんな市販薬?

前の段でご紹介した人気商品のなかでも、とくに注目したいのが医療品。
「日本の医療品の性能はとても素晴らしい」といううわさがあっという間に広がり、最近では“神薬”と呼ばれるまでに!
アジア人観光客向けのガイドブックには、「日本に行ったら買わねばならない神薬”」という特集まで組まれているそうで、ドラッグストアに行くと、そうしたガイドブックのコピー切り抜きを手に、買い物されている人も多く見かけます。
【売れ筋の“神薬”】
●せき、たん、炎症、声がれを緩和する「のどあめ」
●ホルモンバランス・自律神経の不調を整える「女性保健薬」
●つらい口内炎・のどの痛みを治す「口内炎薬」
●「何種類あるんだ? 目移りして選べないよ!」と驚かれる「便秘薬」
●シミ・そばかすに効果があるビタミンを含んだ「システイン剤」
●足裏やカカトの角質除去に効果がある「角質軟化剤」や「フットケアグッズ」
●「効き目の速さ」「胃へのやさしさ」「のみやすさ」など、いたれりつくせりの「頭痛薬」
●瞬間冷却剤から額にはるもなど驚きの機能が凝縮された「冷却剤」
●すぐに乾いてキズ口をぴったり密閉し、患部を保護する「液体絆創膏」
● 貼る、塗るなどの用法で皮膚を通して患部に薬を届け、痛みや炎症を抑える「消炎鎮痛剤」……
病気に罹ったときに使う市販薬から、美容に関するものまで……。
とくに、世界に類似品がない傷口を水分から保護する液体絆創膏、「口内炎」が発症したときにシールを口の中にはるパッチ、額に貼る冷却シート、美しい容器が人気目薬などは、爆発的ヒット商品に。
こうしてみると、日本人である私たちにとってはどれも身近なドラッグストアで買えるものばかり。
観光ついでに気軽に手に入る点も、人気の高さを裏づける理由となっているようです。
また中国では、病気になってしまったときは、なるべく病院へ行かず、薬も飲まず、自力で治そうと努め、ひどくなった場合も漢方薬、鍼(はり)などで対処する方法が、今日も一般的であるお国事情も関係していそうです。

中国の生活習慣の背景に、日本の人気商品アリ

ちなみに、日本の魔法瓶もよく購入されています。
中国では水道水がないため、外出中にのどが乾いたら、売店でペットボトル飲料を買うか、手作りのお茶を飲むしかありません。毎回ペットボトルを買うのはもったいない、体を冷やさないように温かい飲み物を飲む、という点から魔法瓶を持ち歩くのですが、日本の魔法瓶は保温効果が高く品質がよいと話題なのです。
爆買いは自分で使うための買い物だけでなく、家族や友人に頼まれて購入する人たちも多く、主にネットでの口コミによって人気の商品が決まるといるそう。
多くのアジア人観光客が、日本のつぶやきサイトに似た「微博(ウェイボー)」や、チャットのようなやりとりができる「微信(ウェイシン)」で、買い物を頼んだり、買うべき商品を決めているといいます。
爆買い人気商品のラインナップを見ていると、老若男女さまざまな層の人が趣味や日常生活のために日本製品を買っていることがわかります。
── 私たちが当たり前のように使っているものが、ほかの国の人々に喜ばれているのはうれしい限りですが、困ったことに、国際空港の出発ロビーでは、土産品の梱包をといったたダンボールや包装紙のゴミの山があちこちに積まれ、清掃人の数を増やして対処しているといった空港の困った実情の報道も!
これは帰国前に少しでも荷物を減らそうとするあまり、日本で購入した家電や靴の梱包をゴミとして放置していることによるものでしょうが、社会現象ともなった爆買いは、さまざまなところに多大な影響を及ぼしているようです。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい