中国の「中秋節」に欠かせない中華菓子「月餅」のウンチクあれこれ

2015/09/26 16:30

明日9月27日は、十五夜となる「中秋の名月」。 日本でお月見をするように、この日は中国でも「中秋節(ちゅうしゅうせつ)」の伝統行事として、観月の宴会やお祝いをする習慣があります。 そんな中秋節の味覚として欠かせないのが、中国の伝統的な焼菓子「月餅(げっぺい)」です。 中秋の名月にちなんで、中国の中秋節と月餅にまつわるお話をお届けしましょう。

濃厚な餡がたっぷり詰まった中華スイーツの代表格「月餅」
濃厚な餡がたっぷり詰まった中華スイーツの代表格「月餅」
十五夜の月を愛でながら、秋の豊作を祝う「中秋節」 中国の「中秋節」とは、「春節(旧暦の1月1日)」「端午節(旧暦の5月5日)」と並ぶ三大節のひとつで、毎年、旧暦の8月15日(今年は9月27日)に、十五夜の月を愛でながら秋の豊作を祝う伝統行事です。 中秋節は別名「団円節(だんえんせつ)」とも呼ばれ、大変おめでたいことの意を表します。 中国ではどこも欠けていない満月を「円満・完璧」の象徴と考え、1年で最も美しいとされる中秋節の満月(厳密には満月にならない年もあります)を特に大切にしています。 この日は嫁いだ娘も生家に戻り、家族たちと円形に食卓を囲んで、久々の一家団らんを楽しむそうです。
中国で「円満・完璧」の象徴とされる満月
中国で「円満・完璧」の象徴とされる満月
真ん丸なお月様に見立てた旬の銘菓「中秋月餅」 お月見といえば日本では団子をお供えしますが、中国では満月に見立てた丸い月餅を家族で切り分けて食べ、家庭円満と皆の健康を祈ります。 中秋節の頃になると横浜・神戸・長崎の中華街でも、この時期だけに作られる期間限定の中秋月餅が店頭に並びます。その代表的なものが、餡の中に塩卵の黄身が丸ごと入った鹹蛋(タンファン)月餅です。 鹹蛋とは塩漬けにしたアヒルの卵の黄身のことで、鶏卵よりも脂分が多く、ねっとりした濃厚な味わいが特徴。厚みのある鹹蛋月餅をふたつに切ると、餡の真ん中にオレンジ色の丸い黄身が姿を現わし、まさに満月のお月様のようです。 とろりとした黄身の塩味と、程よい甘さの餡が絶妙にマッチした鹹蛋月餅は、見ても食べても楽しめる風雅な秋の銘菓といえるでしょう。
餡の中に塩卵の黄身が丸ごと入った鹹蛋月餅
餡の中に塩卵の黄身が丸ごと入った鹹蛋月餅
月餅をより美味しく食べる方法とは? 月餅は「そのまま手に持ってかぶりつく」「手でひと口大に割って食べる」という人が多いと思いますが、実はもっと美味しくなる食べ方があるのをご存知ですか? その方法とは「包丁を使って切る」こと。ホールのケーキを切り分けるように、包丁でキレイにカットして食べるのがおすすめです。 これは、別にお行儀がいいからとか、伝統的な食べ方だからというわけではありません。 日本のサラッとした餡と比べ、月餅に使われる中華餡は独特の粘りがあるので、包丁でスパッと切ると切り口が滑らかで、見た目とともに口当たりも良くなるのです。 月餅は「切り口が美味しい」と言われる所以です。 また、月餅には烏龍茶などの中国茶や日本茶がよく合いますが、意外にブラックコーヒーとの相性もGOOD。濃厚な舌触りの中華餡とコーヒーの苦味が程よくマッチして、月餅の新しい美味しさが発見できますよ。 秋の夜長、美しい月を愛でながら、ビターなコーヒーと月餅のマリアージュを愉しむ……今宵は、ちょっと風流な大人のスイーツタイムを満喫してみてはいかがですか?

あわせて読みたい

  • 十五夜の月とともに豊作を祝う、中国の伝統行事「中秋節」

    十五夜の月とともに豊作を祝う、中国の伝統行事「中秋節」

    tenki.jp

    9/13

    10月4日は中秋の名月。今年は「月より団子」で食べて楽しもう!

    10月4日は中秋の名月。今年は「月より団子」で食べて楽しもう!

    tenki.jp

    10/4

  • 十五夜に街中が提灯の光に包まれる、中国の伝統行事「元宵節」

    十五夜に街中が提灯の光に包まれる、中国の伝統行事「元宵節」

    tenki.jp

    2/15

    「昔むかし、月は太陽だった?」「お月さまは女性、それとも男性?」アジアと日本の、月にまつわる物語

    「昔むかし、月は太陽だった?」「お月さまは女性、それとも男性?」アジアと日本の、月にまつわる物語

    tenki.jp

    9/14

  • 月が1年のうちで最も美しい日。今日は中秋の名月です

    月が1年のうちで最も美しい日。今日は中秋の名月です

    tenki.jp

    9/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す