熱中症予防にも◎。夏に飲むべき飲料は、やっぱりカフェイン・カロリーゼロの「麦茶」! 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

熱中症予防にも◎。夏に飲むべき飲料は、やっぱりカフェイン・カロリーゼロの「麦茶」!

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp#熱中症
すっきりとした味わいの夏の定番飲料「麦茶」。熱中症対策としてもたっぷり飲もう!

すっきりとした味わいの夏の定番飲料「麦茶」。熱中症対策としてもたっぷり飲もう!

緑茶、ほうじ茶、ウーロン茶、紅茶etc.
スーパーやコンビニに行くと、いろいろな飲料水が並んでいますよね。
数多くある飲料水のなかでも、暑い夏に選びたいのが、「麦茶」なんですね。
麦茶には、夏のほてった体を整えてくれる様々な成分が含まれています。そのうえ、カフェインやカロリーがゼロだから、たっぷり水分補給ができます。
家庭でも、麦茶といえば夏の定番ですが、じつは体調管理の点からも、理にかなっているのです。
いまさら麦茶、と思う事なかれ。これを知れば、きっと麦茶を飲みたくなるはずです。

ミネラルを含み、抗酸化作用もある 優秀な飲料水

麦茶の原料である大麦は、初夏が収穫の季節です。夏の麦茶が美味しいのは、こうした理由もあるのですね。
その代表的な効果効能は
・ 体の熱を冷ます
・ 血圧を下げ、血液をサラサラにする効果がある
・ 抗酸化作用がある
・ 胃の粘膜を保護する作用がある
・ ミネラルを含む
夏に飲みたくなるのは、体を冷やしてくれる効果があるからです。子どもの飲料水といえば麦茶が定番なのもナットクです。ちゃんと体が欲しているのですね。
じつは麦茶は、熱中症対策にも、とてもよいのです。
熱中症は、汗をかくと、体内から塩分やミネラル成分が失われ、体の調整機能のバランスが崩れ、どんどん体に熱が溜まってしまうことから起こります。
その対策方法として、水分+塩分+ミネラルを摂ることが、とても大事になりますが、ミネラル成分を含み、かつ体を冷やす効果のある麦茶は、体温調整にとても有効な働きをしてくれるのです。
また、汗をかくと血液はドロドロになってしまいますが、麦茶は血液をサラサラにする効果もあり。
そのうえシミ、ソバカスの原因となるメラニンを除去してくれる抗酸化作用があるので、紫外線が強い夏にこそ、どんどん飲んでいきたいのです。
100%大麦の麦茶は、カフェイン、タンニンが含まれていないため、子供から高齢者まで安心して飲めるのもうれしいですね。

麦茶は日持ちしない?! ペットボトルはその日のうちに

注意点は、麦茶はあまり日持ちしないこと。
賞味期限は、細菌のいないペットボトルの水を使い、水出し用で作った場合で、冷蔵保存4日です。
※コープ九州商品検査だより(リンク先参照)
水道水で作った場合は、それより日持ちしないと考えて、早めに飲みきってしまいましょう。
市販のペットボトルの場合、口を付けて飲むと時間が経つにつれ雑菌が増殖するので、その日のうちに飲みきりましょう。
麦茶は体を冷やしてくれますが、逆に、体を温めてくれるのは「ほうじ茶」です。飲料水によって、体に与える影響が少しずつ違うので、季節や体調を見ながら選んでいけるといいですね。
意外、といっては麦茶に失礼ですが、とても優れた飲み物なのがお分かりいただけたでしょうか。
やはり、夏は冷やした麦茶が一番。汗をしっかりかいて、体調管理していきましょう。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい