夏を代表するハーブの王様「バジル」を育てて活用しよう! 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

夏を代表するハーブの王様「バジル」を育てて活用しよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp#レシピ
簡単に育てられて、料理のレパートリーも広がる「バジル」

簡単に育てられて、料理のレパートリーも広がる「バジル」

香り高いバジルペーストは、たくさん作って冷凍保存しておくと便利

香り高いバジルペーストは、たくさん作って冷凍保存しておくと便利

パスタ、ピザ、サラダ、カルパッチョ……などなど、いろいろなメニューの美味しさを引き立てるキッチンハーブの代表格「バジル」。甘さを秘めた爽やかな芳香は、夏野菜のトマトとの相性もピッタリ。オウチの庭やプランターで育てれば、欲しい分だけちょっと摘んで使えて、夏の食卓を香り豊かに彩ってくれます。
料理のレパートリーもグンと広がる、バジルの上手な育て方&活用法をご紹介しましょう。

苗から始めれば、誰でも簡単に育てられる!

インド・中東原産のバジルは、夏に生長・開花するシソ科の1年草(非耐寒性)で、葉色や香りの異なるさまざまな品種があります。なかでも、食用のスパイスとしてよく知られているのが「スイートバジル」です。
スイートバジルは種からも育てられますが(種まき・発芽の季節は春)、今の時期から育てるなら苗がオススメ。園芸店で苗を購入して植え付ければ、初心者でも簡単・手軽に育てられ、8~9月にはたくさんの葉を収穫できます。

収穫量もアップするバジルの上手な育て方

【苗の植え付けのポイント】
バジルは日当たり・水はけの良い場所に植えましょう。生長期はぐんぐん茎を伸ばして葉を付けていきますので、露地植えしない場合は、少し大きめのプランターに余裕を持って植え付けます。
【肥料・水やりのポイント】
植え付ける前に有機配合肥料などの元肥を施し、植え付け後は10日に1回ほど液体肥料などを追肥して、用土の栄養分を切らさないようにします。
バジルは乾燥に弱いので、水切れにも注意しましょう。表土が乾いてきたら、朝か夕方にたっぷりと水やりをします(夏場は毎日)。ただし、気温の高い日中の水やりは、根元が蒸れて株が弱ってしまうので厳禁です。
【日常的な管理やお手入れのポイント】
苗が20センチ以上に生長したら、枝や茎の先端部分(芽先)をハサミか手で摘み取り、ワキ芽が伸びるようにします。この「摘心(てきしん)」という作業を3~4回繰り返すと、枝の数が増えてこんもりとした姿に育ち、葉の収穫量もグンと増えます。
夏以降は先端から花茎が伸びて、穂状の白い小花が咲きますが、葉をたくさん収穫したい場合は、花が咲く前に花茎も摘み取ります。
また、風通しが悪いと下の葉から枯れてきてしまうので、葉が込み合っている部分もこまめに摘み取って風通しをよくします。

多彩な料理に使える「バジルオイル」&「バジルペースト」を作ろう!

株の生長期は、摘心や使う分だけ葉を摘み取って利用しますが、1年草のバジルは10月を過ぎると枯れてきますので、その前に茎ごと刈り取って保存しましょう。
バジルの葉は乾燥させると香りが飛びやすいため、オイルに漬けて保存するのがオススメです。手軽に使えるシンプルな「バジルオイル」と、冷凍すれば1年中フレッシュな香りが楽しめる「バジルペースト」の作り方をご紹介しましょう。
【バジルオイル】
●用意するもの(作りやすい分量)
バジルの葉 20~30グラム
オリーブオイル 100~150ミリリットル
トウガラシ(鷹の爪) 1本
容量が約200ミリリットルの密閉できるガラス瓶
●作り方
1・バジルの葉を水でサッと洗い、ペーパータオルなどで水気をよく拭き取る。
2・熱湯で消毒したガラス瓶に、洗ったバジルの葉とトウガラシを入れてオリーブオイルを注ぐ。
3・ガラス瓶を密閉し、時々振ってバジルの香りをオイルに移す。
※翌日~10日目ぐらいが使い時。オイルが減ってくるとカビが生えやすいので、2週間以内に使い切ること。
【バジルペースト】
●用意するもの(作りやすい分量)
バジルの葉 100グラム
オリーブオイル 200ミリリットル(70ミリリットルと130ミリリットルに分ける)
ニンニク 3片
松の実 50グラム
塩 小さじ1/2
密閉できる小瓶 数個
※1回に使い切れる量を、小分けにして冷凍保存できる小瓶が便利。
●作り方
1・バジルの葉を水でサッと洗い、ペーパータオルなどで水気をよく拭き取る。
2・ミキサー(またはフードプロセッサー)に薄切りにしたニンニクと塩、松の実を入れ、オリーブオイルを少しずつ加えて(70ミリリットル)加えて、全体がなじむまで撹拌する。
3・洗ったバジルの葉とオリーブオイル(130ミリリットル)を2に加え、滑らかなペースト状になるまで撹拌する。
4・熱湯で消毒した小瓶に3を詰めて(小分けにして)密閉する。冷蔵庫で約10日間、冷凍庫なら1年ほど保存可能。
オイルもペーストも、パスタのソースにはもちろん、肉や魚のソテー、魚介のワイン蒸し、スープやシチュー、ドレッシングなどにも使えます。オウチで上手に育てて、いっぱい収穫して、ぜひ作ってみてくださいね!


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい