えっ、水虫? かかとのガザガザ、かゆみがないからと安心していたら、実は怖いことに! 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

えっ、水虫? かかとのガザガザ、かゆみがないからと安心していたら、実は怖いことに!

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

乾燥肌と間違えやすい「かかと水虫」に気をつけましょう

乾燥肌と間違えやすい「かかと水虫」に気をつけましょう

かかと水虫に角質ケアは逆効果!

かかと水虫に角質ケアは逆効果!

水虫といえば、指の間がジクジクしてかゆくなる「足水虫」が知られていますが、かゆみを伴わずにガザガサ乾燥する「かかと水虫」をご存じですか。
女性にとっては、素足でサンダルやミュールを履く季節が到来しましたが、かかとの手入れを放置していたために水虫にかかっていたとわかったらショックですよね。
ただの乾燥だと思って放置していたり、誤ったケアを続けていると、かかと水虫が悪化してしまうので、原因と対策・予防を理解して、角質層からキレイなかかとをめざしましょう。

かかとの乾燥は、注意信号発令中!

かゆみや炎症などの自覚症状がないため、ただの乾燥肌かアカギレかと思って放置してしまうのが「かかと水虫」の怖いところ。主な症状は、かかとが白く乾燥してひび割れてきたり、皮膚がガザガザして硬く厚くなります。中には、白い粉をふくような症状がでて、こすると皮がボロボロめくれることも。こうした症状があれば、かかと水虫を疑いましょう。
かかと水虫の原因は、カビの一種である白癬菌(はくせんきん)が、足水虫から徐々に角質層まで浸透することで起こります。「気がついたら、かかと水虫になっていた!」とならないよう、日頃から足裏、特に指の間やかかとをチェックするといいですね。

誤ったケアが悪化を招くことも

かかと水虫に気づかず、かかとの乾燥が気になるからと保湿クリームをたっぷり塗ると、カビが好む多湿の環境を作ってしまい逆効果です。
また、かかとのひび割れを軽石でこすると、ツルツルとしたキレイなかかとになったように見えますが、これまた要注意! 目に見えない皮膚表面の傷から菌が皮膚に浸入しやすくなり、結果として白癬菌の範囲を広げてしまいます。よかれと思って行ったケアが、症状を悪化させてしまうケースもあるのです。
さらに、日常生活で気を付けたいのが靴の扱い方です。
会社に置き靴をストックしている人っていますが、毎日同じ靴を履いていると白癬菌が増殖しやすくなってしまうので、これからの季節はお気に入りの靴であっても、せめて一日おきに履きましょう。
また、帰宅途中の急な雨で靴が濡れてしまったときは濡れたままにせず、しっかり乾かすこと!
何より、カビが繁殖しやすい高温多湿の環境を作らないことが、水虫予防の第一歩なのです。

足洗いを習慣にしよう

かかと水虫を予防するには、足洗いがオススメです。
帰宅後すぐにストッキングや靴下を脱いで、足の裏や指の間を石鹸で丁寧に洗いましょう。万が一、菌が付着していても、24時間以内に洗い落とせば感染を防げます。洗ったあとはしっかり拭いて、足指の間までしっかり乾かすのがポイント。早速今日から、手洗い・うがいの後に、1日1回の足洗いを取り入れてみませんか。
足洗いを習慣にしたら、バスマットの衛生にも気をつけましょう。せっかくキレイになった足に、バスマットに棲息した菌がついたら本末転倒。再感染防止のためにも、タオルやバスマットはこまめな洗濯を心がけて清潔を保ちたいですね。

かかとが荒れていたら早めに皮膚科へ

足に多い水虫は、足水虫→かかと水虫→爪水虫と連鎖していきます。
かかとが荒れて「いつもと違うな?」と自覚したら、早めに皮膚科を受診することが大切です。放置したばかりに爪水虫へ移行し、治療に半年を費やすこともあるので、自己判断せず早期治療を徹底しましょう。
参照:「カサカサなかかと」が水虫か乾燥肌か実際の画像で見分ける(リンク先参照)


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加