コーヒーを飲んで仮眠をとると、仕事の能率がアップするってホント? (1/2) 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

コーヒーを飲んで仮眠をとると、仕事の能率がアップするってホント?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
お昼寝は悪いことではない。30分以内の仮眠は記憶力も集中力もアップ!

お昼寝は悪いことではない。30分以内の仮眠は記憶力も集中力もアップ!

新年度が始まって1週間が経ちました。仕事や学校生活など順調に滑り出していますか。
忙しい毎日は、楽しく充実しているけれど、疲れも溜まりやすいですよね。
春眠暁を覚えず……などというように、春先の気候は、眠気も誘います。
そこでおすすめなのが、積極的に仮眠をとることです。
効率的に仮眠をとることで、頭はスッキリ、気持ちもシャッキリ!
意外にも、コーヒーと仮眠の相性がよいようで、
コーヒーをうまく取り入れることで、効果的な仮眠がとれるのです。

世界でみても、日本人の睡眠時間は少ない

働き盛りの世代は、仕事や遊びに忙しく、圧倒的に睡眠時間が足りていないといわれています。
仕事で残業、夜はスマホやテレビを見ながら過ごしているうちに、寝るのはすっかり深夜……という人も多いのではないでしょうか。
2011年にOECD(経済協力開発機構)が行った国際比較調査によると、日本人の平均睡眠時間は、男性が7時間41分、女性が7時間36分で、男女ともに加盟国中最下位の短さでした。
また、米ジョウボーン社(Jawbone)のユーザー数十万人を対象とした、世界主要都市の睡眠調査によると、東京に住む人の平均睡眠時間は5時間46分。これは調査した都市のなかで最も短く、最長のメルボルンの7時間5分と比べると、79分も短いものでした(ちなみにワースト2位はソウルの5時間55分)。
日本人の睡眠時間は、世界的にみても圧倒的に少ないのです。

ナイキやグーグルも取り入れる15〜30分のお昼寝(パワーナップ)タイム

こうした睡眠不足が遅刻、仕事のミスや低下につながることは、誰しも経験済みかもしれません。
イケアの試算によると、睡眠不足による東京圏での経済損失は4757億円(2012年)という驚きの結果も出ています。
寝不足は、経済問題にも発展しているのですね。とはいっても、一日24時間しかないわけで、睡眠時間を増やすのは、なかなか難しいもの。
そこでおすすめなのが、「仮眠をとる」ことです。
仮眠することで、脳や目、体を一時的に休めるだけでなく、記憶力や集中力もアップすることが分かっています。
なんと厚生労働省も、2014年に発表した「健康づくりのための睡眠指針」のなかで「午後の早い時刻に30分以内の短い昼寝をすることが、眠気による作業能率の改善に効果的」と、お昼寝を推奨しているのです。
この15分〜30分の仮眠は、パワーナップといわれ、欧米のビジネスシーンでは、すでに取り入れられているのですね。有名なところでは、「ナイキ」「グーグル」などで、パワーナップを推奨する環境が用意されています。このパワーナップは、長年仮眠について研究してきたNASAのお墨付きでもあるのです。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい