見ためも味もワラビじゃないのに、なぜ 「わらび餅」?

tenki.jp

きな粉や黒蜜をかけて食べるといっそうおいしいわ... (11:00)tenki.jp

きな粉や黒蜜をかけて食べるといっそうおいしいわ... (11:00)tenki.jp
わらび餅っておいしいですよね。モチモチ、プルプルの食感と、ほどよい甘さ。見ためが涼しげなので、夏の和菓子としても重宝します。でも、あのお餅、色も形もワラビっぽくないし、ワラビの味がするわけでもないのに、どうして「わらび餅」という名前なのでしょう。 わらび餅の原料は 「わらび粉」。精製するのに手間がかかる貴重品 わらび餅の原料は「わらび粉」です。わらび粉は、今が旬のあの山菜、ワラビの根から採れるデンプンです。この粉を使った菓子なので、「わらび餅」という名前がつけらました。 わらび粉の作り方はまず、ワラビの根(地下茎)を掘り起こし、叩いて、ほぐして、洗って、デンプンを取り出します。そして、これを乾燥させると、わらび粉になります。 この精製法は葛粉を作る過程と同じですが、わらび粉は葛粉に比べて非常に手間がかかります。すべて手作業でわらび粉を作る場合、10kgのワラビの根から取れるわらび粉は、わずか70g。根を掘り起こす作業は冬の寒い時期に行われ、しかも、寒さが厳しいときに、冷水で何度も洗わなければなりません。100%のわらび粉になるまでには、実に半月ほどもかかります。 現在、よく目にするわらび餅は、サツマイモやタピオカから取れたデンプンや、くず粉を利用しているものがほとんどで、「わらび粉100%のわらび餅」には、なかなかお目にかかることができません。 わらび粉100%のわらび餅はねずみ色。その歴史はとても古い わらび粉100%で作ったわらび餅の色は、よく見かけるわらび餅のように、白っぽいものではありません。強いていえば、黒いコンニャクのような色あいで、ねずみ色です。けっして、“涼しげな夏の和菓子”という感じではありません。 平安時代の醍醐天皇(885-930)がわらび餅の大ファンであったという説もあり、わらび餅の歴史はかなり古いと思われます。しかし、江戸時代にはすでに、くず粉などを利用したわらび餅が売られており、今、名物とされているわらび餅も、ほとんどが、100%わらび粉のわらび餅ではありません。 わらび粉は100gで1500円 !! 手作りも可能 本物のわらび粉でわらび餅を手作りすることもできます。 わらび粉は通販で手に入れることができますが、国産の100%わらび粉は、100gで1500円もします!! とても高価な食材です。 材料は、100%わらび粉100g、水400cc、上白糖200g(甘さはお好みで調節してください)。 作り方は、いたってシンプル。 ① 100%わらび粉を水で溶かし、上白糖を加えてよく混ぜます。 ② 鍋に移し、中火にかけて、よく練ります。 ③ 生地に粘りがでてきたら弱火にして、ツヤが出るまでよく練ります(粘り気が強いので、けっこう力仕事です)。5分くらい練り続けます。 ④ 型に流して冷やします。 ⑤ 適当な大きさに切り分けます。きな粉や黒蜜をかけていただきます。 ワラビの旬は春から初夏。 “山菜” だけど、最近は栽培ものも多い ワラビは全国で採れる山菜なので、旬の時期は南の地方と北の地方では大きく異なります。九州では3月中旬から、ついで、関東では4月中旬、東北では6月初旬に旬を迎えます。全国各地に自生しているので、身近な山で気軽に採ることができます。 “山菜” と呼ばれるワラビですが、現在は栽培されているものも出回っていて、山形県や秋田県などで多く生産されています。山の自然の味がするはずの“山菜”が栽培されていたとは…、と思うと、なんだか複雑な気持ちになりますね。しかし、この季節、地元の直販コーナーや道の駅などでは、自生したものを採取して販売しているところも多くあります。 モチモチ・プルプルのわらび餅は、これからの季節にピッタリの和菓子です。わらび粉を使っていない白いタイプのわらび餅も、それはそれでおいしいですし、貴重な100%わらび粉でできた黒っぽいわらび餅も、とてもおいしいです。これからわらび餅をいただく機会があったら、その原料について、少し思いを寄せて味わってみてください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック