明日は「耳の日」。意外と知らない耳のお話、あれこれ

ひなまつり

2015/03/02 19:00

3月3日の行事といえば、一般的には「ひな祭り」ですが、「耳の日(33=みみ)」でもあります。
1956(昭和31)年に日本耳鼻咽喉科学会が制定したもので、HPによると「難聴と言語障害をもつ人びとの悩みを少しでも解決したいという、社会福祉への願いから始められた」とのこと。
電話を発明したグラハム・ベルの誕生日が3月3日で、ベルはろう教育者でもあったそうです。
顔の中で、どちらかというとあまり注目を浴びる機会の少ない耳ですが、耳の日に寄せて、耳よりな知識や耳に関するトリビアをご紹介します。

あわせて読みたい

  • 3月3日は「耳の日」。耳垢って動くの? めまいの原因は耳にある? 耳の話アラカルト

    3月3日は「耳の日」。耳垢って動くの? めまいの原因は耳にある? 耳の話アラカルト

    tenki.jp

    3/3

    耳かきの反対側の「フワフワ」使わないほうがいい?

    耳かきの反対側の「フワフワ」使わないほうがいい?

    週刊朝日

    7/18

  • コロナ禍の「耳疲れ」と家庭での耳掃除にご注意 専門家が耳よりアドバイス

    コロナ禍の「耳疲れ」と家庭での耳掃除にご注意 専門家が耳よりアドバイス

    AERA

    3/14

    耳かきのしすぎはやっぱりダメ! 医師が指摘する「耳かきは基本必要ない」の理由とは?

    耳かきのしすぎはやっぱりダメ! 医師が指摘する「耳かきは基本必要ない」の理由とは?

    週刊朝日

    9/9

  • 耳が遠い人は大きな声で話しかけられることが実は苦痛!? 専門医が語る「聞こえ」のしくみ

    耳が遠い人は大きな声で話しかけられることが実は苦痛!? 専門医が語る「聞こえ」のしくみ

    週刊朝日

    9/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す