体調を崩しやすい季節の変わりめ、風邪の予防にアロマを取り入れてはいかが?

2015/02/23 11:00

本格的な寒さは少し和らいできたものの、気温の寒暖差が激しい分、体調を崩しやすい季節です。おとなしくしていたインフルエンザも、この時期になって再流行という話もよくききますね。 そこで、アロマを利用した、家庭で簡単にできる風邪の予防法についてご紹介します。春がすぐそこまできているこの時期、アロマで風邪を予防して、快適に春を迎えたいですね。

ユーカリやティートリーは清潔感のある爽やかな香り
ユーカリやティートリーは清潔感のある爽やかな香り
風邪予防の基本は 「ユーカリ」 と 「ティートリー」 アロマで使われる精油には、実は抗ウィルス・抗菌効果の高いものがいくつもありますが、その中でも特に風邪に有効な精油は、「ユーカリ」と「ティートリー」です。 「ユーカリ」は、塗る風邪薬の『ヴィックスヴェポラッブ』(大正製薬)にも入っている成分で、鼻づまりやノドの炎症など、呼吸器系の症状に効果があります。また、「ティートリー」は、オーストラリアの先住民アボリジニが使っているハーブで、風邪だけでなく、様々な炎症や感染症にも役立ちます。 いつもの 「うがい」 や 「入浴」 に、アロマをプラスするだけ 風邪を予防する方法はいろいろありますが、まずはお風呂やうがいなど、手軽なところからはじめてみましょう。毎日香りを楽しめるのもポイントです! (精油は必ず100%天然のものを使いましょう)。 ●全身浴(お風呂) ・バスソルト…ひとつかみ ・ユーカリ……………3滴 ・ラベンダー…………2滴 風邪のひきはじめには、熱めのお湯に塩と精油を加えてサッと温まり、すぐに布団に入ります。 ●うがい ・塩……………ひとつまみ ・ティートリー……… 1滴 ・サンダルウッド……1滴 コップにぬるま湯を入れ、上記をよく溶かし、うがいをします。 ●吸入 ・ユーカリ……………1滴 ・ローズマリー………2滴 洗面器に80℃くらいのお湯を張り、上記の精油を落とします。蒸気が逃げないように頭からバスタオルをかぶり顔を湯面に近づけます。目を閉じて7~8分、大きく呼吸します。時々口を半開きにします(目は絶対に開けないでください。顔を湯面に近づけすぎないように気をつけてください)。 ●部屋の殺菌 ・ユーカリ………3~5滴 部屋の中ではオイルウォーマーやアロマポットを使って空気を清浄し、感染を防ぎます。ティッシュペーパーに精油を落として部屋に置いておくだけでもOKです。 ●芳香浴 ・ユーカリ……………1滴 外出先でせきが止まらないときや、オフィスなどでせきがしづらいときは、ハンカチやティッシュペーパーに精油を1滴落として香りをかぐだけで楽になります。 ●枕元に ・ティートリー……… 1滴 ・ユーカリ……………1滴 寝るときは枕元に、精油を1~2滴落としたティッシュペーパーを置いておくと、キャンドルのように火を使わないので安全です。 ●マスクに ・ティートリー……… 1滴 精油を落としたマスクをすると、芳香成分が取り入れやすくなるほか、呼吸する空気の湿度がほどよく保たれ、のどの乾燥予防にもなります。 ※精油は直接肌に触れないようにしましょう。 ※精油を使用していて皮膚などに異常があらわれた場合はすぐに使用をやめ、医師に相談してください。 ※精油は天然成分100%のものを使用してください。 参考: 『はじめてのアロマテラピー』 (佐々木薫監修、池田書店)

あわせて読みたい

  • 風邪のときこそ “アロマ” の出番 !! のどや胸に塗って、風邪の症状を和らげよう

    風邪のときこそ “アロマ” の出番 !! のどや胸に塗って、風邪の症状を和らげよう

    tenki.jp

    12/10

    抗菌・抗ウィルスがケタはずれ ! ! 冬こそ使いたいアロマ 「ティーツリー」

    抗菌・抗ウィルスがケタはずれ ! ! 冬こそ使いたいアロマ 「ティーツリー」

    tenki.jp

    12/16

  • 春先の咳や喉の痛みに。呼吸器系の不調を癒す、アロマオイル活用術

    春先の咳や喉の痛みに。呼吸器系の不調を癒す、アロマオイル活用術

    tenki.jp

    2/6

    「虫除け」と「虫刺され」対策に。簡単手作り!夏の外出にはアロマオイルを活用しよう

    「虫除け」と「虫刺され」対策に。簡単手作り!夏の外出にはアロマオイルを活用しよう

    tenki.jp

    7/9

  • 植物の力で風邪を予防! この冬、ぜひ知っておきたい「フィトテラピー」とは!?

    植物の力で風邪を予防! この冬、ぜひ知っておきたい「フィトテラピー」とは!?

    tenki.jp

    11/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す