家族・親族・友人に披露できる、お正月ならではの“蘊蓄” 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

家族・親族・友人に披露できる、お正月ならではの“蘊蓄”

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
すがすがしい空気の中「一年がよい年でありますように」と心をこめて神さまに祈願しよう

すがすがしい空気の中「一年がよい年でありますように」と心をこめて神さまに祈願しよう

年もあらたまり、帰省先や自宅、または海外でとさまざまなお正月をお過ごしのことと思います。
日本独特の誰もが知る正月行事といえば、凧揚げ、おせち料理&お雑煮、お年玉、門松やしめ飾りを飾る、書き初めなど、たくさんありますね。
でも、「初詣はいつから続いているの?」「なぜ、正月におせち料理を食べるんだろう……」「薮(やぶ)入りの名前の由来は何だろう」と、ふと考えることはありませんか?
そこで、家族・親族・友人に披露できる、お正月ならではの“蘊蓄(うんちく)”を調べてみました。

「初詣」は、どこの神社に行っていますか?

大晦日から新年にかけて氏神さまのお社にこもり、新しい年の神さまを迎える「年ごもり」が起源とされる初詣。
現在のように一家揃って神社に繰り出すようになったのは、明治時代の中期になってからといわれています。
ちなみに、その年に初めてお参りするのが「初詣」。三が日に行かなければならないという決まりはありませんが、松の内(1月7日)までにお参りするのが一般的。
なかには年の初めの初行事ということもあり、由緒ある神社に足を運ぶ人もたくさんいますが、何より大切なのはすがすがしい空気の中「新しい年がよい年でありますように」と心をこめて神さまに祈願すること。
有名なお社や規模が大きいからといって、御利益がその分多くあるわけではありませんので、初詣にあまり行ったことのない人は、自宅近くの神社からスタートしてみるのもよいかもしれません。

どんな「おせち料理」を食べていますか?

平安時代の宮廷では年5回、季節の変わり目にあたる節日に神さまをお迎えし、魔を追い払う「節句」の行事が行われていました。
そのために用意された料理が「御節(おせち)料理」の起源とされ、年月を経るうちお正月のための料理だけが「おせち」と呼ばれるように。
江戸時代になると、お花見やお月見、お茶を飲む習慣など、それまで貴族や武家など上流社会だけのものだった文化が庶民にも広まります。
おせち料理も身分を越えて誰もが食べるものになったことで、「海産物が豊かな地域では、新鮮な魚介を盛り込んだおせち」「内陸部では、栗や豆などの山の幸に干し魚を組み合わせたおせち」など、その土地ならではの郷土色が加えられるように。
きっと皆さんの郷里のおせち料理にも一品、二品、「ここだけの郷土料理」があるはず。そうした伝承料理は大切に受け継いでいきたいものですね。

ふるさとに「帰省」していますか?

江戸時代から昭和初期にかけて商家や豪農などのお屋敷には、住み込みで働く丁稚(でっち)さんや女中さんがたくさんいました。彼ら、彼女らの多くは農村の出身。小正月と盆の年2回、「薮(やぶ)入り」と呼ばれる休暇が与えられ、そのときだけ実家に帰ることが許されました。
その後、旧暦から新暦への移行、労働基準法の制定などで「薮入り」はなくなりましたが、お盆と暮れの「帰省」の慣習は今も受け継がれています。
混雑した列車を乗り継いで、あるいは渋滞のなかを車で……と、今も多くの人が年末年始に帰省していますが、「薮入り」の時代から変わらない郷愁が、「お正月はやっぱり生まれ育った土地で」と、人々の足を故郷へ向かわせるのかもしれません。

お正月にまつわる“あれこれ”をご紹介しましたが、「当たり前すぎて、考えたこともなかった」「そんな歴史があったんだ」と、新たな気づきになった人も多いのではないでしょうか。
これ以外にも、日本全国にはさまざまな「お正月ならでは」の習慣があります。
久しぶりに集まった親戚や友人と、そうした蘊蓄を語り合うのも一興ですね。


トップにもどる tenki.jpサプリ記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい