色のもたらす効能とは? 青色メガネと赤色タオルで無理なくダイエット!

2014/12/22 11:00

青い色がダイエット効果の手助けをするという話を聞いたことありませんか? カラーセラピーという分野では、青という色の効果について、「自律神経系に働きかけ、緊張状態である交感神経優位の状態をバランスよく調整」してくれる働きがあるといわれています。 色は視覚を刺激して脳に様々な影響を与えるものですので、色によっては、その特有の効能が期待できるというわけです。

青色で食欲セーブして無理なくダイエット 「交感神経優位の状態=緊張状態」を調整するということは、「神経を落ち着かせる」効果、つまり、イライラやストレスによる過剰な飲食をセーブしてくれる効能が期待できるということのよう。 また、青い食べ物は、自然界にはほとんど存在していないものなので、青いというだけで、「まずそうに見える」とか、本能的にも「食べると危険」と感じて、食欲が抑制される効果があるそうです。 使い方としては、 ・ランチョンマットやカトラリーを青い色にする ・撮影すると青色に取れるカメラアプリを使う ・青色に見えるメガネをかける などが代表的な方法です。 赤色タオルで脂肪燃焼! お食事がセーブでき始めたら、運動にも力を入れたくなるでしょう。 その際には、スポーツタオルやウエアに赤い色を取りいれると、心拍数を上げ脂肪の燃焼を助けてくれるとか。 赤色には、心拍をあげる・食欲増進・新陳代謝の促進・温熱効果・ アドレナリンの分泌などの効果があるそうです。 巣鴨のお年寄りに、赤い下着が人気だそうですが、それも、赤の温熱効果が実感できるからでしょうね。 冷え性の方には、赤い下着がお勧めです。 赤いショーツは、ちょっと抵抗があるという方は、家の中で履く靴下の色を、赤や暖色系にしてみることから試してみてはいかがでしょうか? 赤は決断を促す色、上手に使って恋愛ジョウズ もうひとつ、赤には、「決断を促す」効果があるといわれています。 思い出してみてください。 バーゲンセールの時に、赤い文字ばかりが、私たちの購買意欲を誘っていることを。 きっと、あの赤い文字を見たわれわれの脳内にはアドレナリンが分泌され、 「よし、買おう!」「買うなら、今!」という決断をしているのでしょう。 効果を実感できましたでしょうか? そこで、ひとつ、ご提案。 決断をせまりたいぐずぐずしているお相手や、プロポーズをしてほしいお相手とのデートの際には、赤い色を身につけていってみてください。 違う展開が期待できるかも!

あわせて読みたい

  • リラックスには高温より低温 サウナを安全に楽しむ法

    リラックスには高温より低温 サウナを安全に楽しむ法

    週刊朝日

    8/19

    “青いバラ”の花言葉が、「不可能」から「夢 かなう」に

    “青いバラ”の花言葉が、「不可能」から「夢 かなう」に

    tenki.jp

    5/28

  • 青い野菜が存在しない理由は空が青いから? 専門家が解説 <子どもの素朴な疑問に学者が本気で答えます>
    筆者の顔写真

    石川幹人

    青い野菜が存在しない理由は空が青いから? 専門家が解説 <子どもの素朴な疑問に学者が本気で答えます>

    dot.

    1/25

    金魚の赤ちゃんはみな黒い色? かわいい金魚の見方

    金魚の赤ちゃんはみな黒い色? かわいい金魚の見方

    BOOKSTAND

    10/4

  • 「入浴剤」はリラックスだけじゃない 睡眠の質を向上させるワザとは?

    「入浴剤」はリラックスだけじゃない 睡眠の質を向上させるワザとは?

    週刊朝日

    4/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す