フィギュア町田樹「スケートをしていてもつらいことばかり」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

フィギュア町田樹「スケートをしていてもつらいことばかり」

町田樹(まちだ・たつき)1990年3月9日、神奈川県川崎市生まれ。関西大学に在学中。グランプリシリーズ第1戦のスケートアメリカで世界歴代5位の高得点で優勝。第6戦のロシア杯でも優勝を果たし、GPファイナル出場を決めた(撮影/写真部・松永卓也)

町田樹(まちだ・たつき)
1990年3月9日、神奈川県川崎市生まれ。関西大学に在学中。グランプリシリーズ第1戦のスケートアメリカで世界歴代5位の高得点で優勝。第6戦のロシア杯でも優勝を果たし、GPファイナル出場を決めた(撮影/写真部・松永卓也)

 ソチ五輪への出場枠は「3」。群雄割拠の男子フィギュアスケート界に、きら星のように現れた町田樹、23歳。優雅さと獰猛(どうもう)さを併せ持つ圧倒的な表現力に、観客は総立ちになる。「フィギュアは舞台芸術」と語る町田は、約4年前ある選手と出会い、大きく変わったと話す。

「スイスのステファン・ランビエルという選手なんです。彼はトリノ五輪の銀メダリストで、非常にアーティスティックな選手。彼が2010年に引退したあと、一緒にプログラムや表現について話したことで、さまざまなインスピレーションを与えてもらいました。それ以降の僕は、フィギュアスケートをスポーツとしてよりも芸術としてとらえるようになった。この出会いがなければ、僕はもっとアスリート寄りのフィギュアスケーターだったと思います」

 最後にソチ五輪への思いを聞くと、意外な言葉が返ってきた。

「スケートをしていても、つらいことばかりです。日々の練習もつらいし、試合で勝てることもたまにしかありません。でも、良いときも悪いときもフィギュアスケートと向き合って、あきらめずにコツコツと努力を続ければ、いつかいいことがあると信じられる。99%はつらいことばかりだけど、その先には、1%の光がある。99%の苦難から得られた1%の光はすごく価値があるものです。

 だから万が一、ソチ五輪出場を逃したとしても、絶望することなく人生を歩んでいければ、いまの経験は、必ずや人生における勝利につながると、僕は信じています」

週刊朝日  2013年12月13日号


トップにもどる スポーツ記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい