ブラジル大会でなかったら断っていた? キング・カズ悲願のW杯“参戦” (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ブラジル大会でなかったら断っていた? キング・カズ悲願のW杯“参戦”

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#W杯
(※イメージ)

(※イメージ)

「選手としてW杯出場、という思いがそれだけ強い。でも、カズにとってブラジルは、サッカーの出発点、第2の故郷ですから」

 カズは、高校を中退してブラジルへ渡った。苦労をしてプロになり、神様ペレも所属した名門サントスにも入団。それだけにブラジル、とくに日系人コミュニティーへのカズの影響力は計り知れない。

「前回の南アW杯で、日本代表を専門で取材しているブラジル人記者がいました。なぜかと聞いてみると、ブラジル出身日系3世の代表選手・闘莉王(トゥーリオ)を追いかけていると言う。つまり、それだけ日系人がいて、応援する人も多いのです。カズは、おそらく闘莉王以上に日系人から親しみを持たれています。カズが懸け橋となって日系人から注目されれば、現地で日本代表を応援しようという機運が高まり、大きな力になるでしょう」(六川さん)

 ピッチの外で活躍するカズの動向に注目だ。

週刊朝日  2014年6月20日号


トップにもどる スポーツ記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい