西山茉希さん新しい暮らし方、始めます。 |sesame mag WEB|AERA dot. (アエラドット)

sesame mag WEB




子どもたちとの日常を自宅から発信するSNSが話題の西山茉希さん。子育てもお仕事もこだわりを持って楽しむ彼女のおうちでの過ごし方は? ドレスを着たり、音楽やお料理など、娘さんたちと一緒に楽しむハッピーライフに迫りました。
おうち時間が続き、なかなか外に出たり旅をしたりできない日常のなかでも、「家族とのひととき」さえあれば心地いいのかもしれない。

西山茉希さん新しい暮らし方、始めます。




“新しい生活スタイルにも、ハッピーで楽しいアイディアはいっぱいあるみたい!”



ドレスを着て、おうちファッションも全力で楽しむ

「ドレス=特別な日のお洋服」も、おうちでの特別に楽しむためのアイテムに。跳ねて、回って、踊ったり歌ったり、モデルさんのようにコーデで遊んでみたり・・・。とっておきの装いに赤リップを塗って、娘さんたちはきゅっとポニーテールをしてテンションMAX! ドレスを着ればおうちでファッションショー気分にも。




気ままに弾くピアノ、子どもたちとの絵本時間。
心からくつろげるリビングでのひととき

茉希さんの趣味であるピアノ。その日その時、そのタイミングで自分のフィーリングが求めている曲を。音楽は今の自分を見つめ直したり、気分を上げられる存在のよう。楽譜を見ずに弾くその姿も、茉希さん流の自由なスタイル。


リビングにあるゆったりとしたソファでは絵本を読んだり、ときには毛布にくるまって寝落ちしてしまう娘さんたち。家族みんなにとって居心地のいいスペース。「クマさんのやつ読むよー!」のママの声に、2人ともうれしそうにソファへ。『くまのコールテンくん』は娘さんたちのお気に入り。ステイホーム中には、ポップコーン片手に映画館ごっこも楽しんだそう。



お料理時間も趣味のひとつ。
家族で食卓を囲むよろこびも

Tシャツにエプロン姿が茉希さんのクッキングスタイル。SNSで手作り料理を配信するレシピ動画「西山食堂」にもたびたび登場するキッチンには、愛用調味料や調理用品がずらり。ワインボトルラックを代用してキッチン用品を置いたりと、使いやすさにこだわった工夫が随所に。フライパンひとつでできるものやタッパーを活用した時短メニューなど、オリジナリティーあふれる手軽でおいしい料理がお得意。娘さんたちの大好物の茶わん蒸しを大皿で作ったり、隠し味は遊びごころと愛情。





withコロナの新しい時代を、ドレスと子どもたちと、リビングでキッチンで楽しく過ごした茉希さん。おうち時間=心を豊かにするものだと、教えてもらった気がします。


PROFILE
西山茉希(Maki Nishiyama)
1985年11月16日生まれ。新潟県長岡市出身。2004年デビュー、翌年ファッション雑誌「CanCam」の専属モデルに。モデル活動のほか、タレントとしても活躍。飾らない家庭的な料理「西山食堂」も人気。現在二児の母として子育てに奮闘中。日常をつづったInstagram→ @maki. nshiyama50





sesame2020年9月号より抜粋

photograph / Daisuke Tsuchiyama(TRON)









「sesame mag WEB」一覧

「sesame mag WEB」ホーム