【梅雨の時期にも!】湿気で広がる前髪&後ろ髪をおしゃれにアレンジ |sesame mag WEB|AERA dot. (アエラドット)

sesame mag WEB




初夏を感じるハッピーな陽気に誘われるように、気分もヘアもアップデートしたい! トレンドを生み出すヘア・メイクアーティスト「YUZUKO」さんにヘアアレンジを参考に、旬な夏ヘアを手に入れよう!!
Part.3は「前髪」、「後ろ髪」のアレンジをご紹介。手軽なスタイルに少しのポイントを加えて旬なムードに。湿気の多い6月もおしゃれなアレンジで気分をあげて!

【梅雨の時期にも!】湿気で広がる前髪&後ろ髪をおしゃれにアレンジ




おしゃれ心は「前髪」に宿る
キーワードはラフでクリーンなピン使い

前髪アレンジ初級編は「アメピン」を使ったお手軽スタイル。センター分けや7:3分けにした前髪にピンを付けるだけ! 毛先はゆるっと巻いて耳にかけたり、サイドに寄せてタイトな雰囲気に仕上げて。スタイリッシュに見せてくれる、ゴールドやシルバー、白ピンがおすすめです。

<YUZUKO’s advice> レトロバングは、センター分けにした前髪の両サイドに3か所ピンを留め、最後に毛束をうねるように引き出すのがポイント。白ピン使いのタイトヘアはクールになり過ぎないよう、軽く巻いた毛先でニュアンスをつけて。




トレンドの「シースルーバング」は
おでこの見せ方で大人かわいく仕上げる

ベーシックなアレンジスタイルもバング次第でおしゃれな表情に。おでこに張りつくようにサイドの前髪を残したうぶ毛や、ゆるっとねじりを加えた透け感ある前髪で流行りのシースルーバングを取り入れて。お団子ヘアも新鮮な仕上がりで、うす毛バングをよりおしゃれにアップデート。

<YUZUKO’s advice> うぶ毛風のバングには、軽くセミウエットな質感のワックスをつけてわざと存在感をもたせるのがポイント。ねじってサイドをピンで固定した透け感バングは、前髪にゆるくカールをつけるとキュートに。湿気で広がりがちな顔まわりのヘアもこれですっきり!





「後ろ姿」にもっとこだわりを!
シンプルなひとつ結びにはリボン使いが決め手

何気ないひとつ結びこそおしゃれの腕前の見せどころ! リボンをつけるアクセントは少し前にも流行ったけれど、2本のリボンテープをルーズにたらすのが旬なスタイル。ゆるっとまとめた結び目の根元に、素材感の異なるリボンを結びつけて。ベロアやシルクなどリッチな風合いのものを選んで大人っぽく楽しみたい。

<YUZUKO’s advice> リボンテープは、巻き方も結び方も、あえて雑なくらいがおしゃれなヌケ感に。顔周りのアクセントに、おくれ毛を軽く引き出すのもポイントです。




身近にあるもので楽しめる前髪や後ろ髪アレンジ。お洋服に合わせて、カラフルな色みのピンやリボンもぜひチャレンジしてみて!

sesame2020年5月号より抜粋


hair & make / YUZUKO photograph / Ai Tomatsu model/ Akira、Sonoma Matsuo(sesame 40 love model)


LOVEのあるヘアアレンジPart.1、Part.2もチェック!
Part.1 エモかわいいLOVE LINK
Part.2 ラフ&COOLなLOVE LINK








「sesame mag WEB」一覧

「sesame mag WEB」ホーム