この夏、LOVEのあるヘアアレンジを♡ Part.2 |sesame mag WEB|AERA dot. (アエラドット)

sesame mag WEB




ヘア・メイクアーティストYUZUKOさん発、初夏のヘアアレンジ。ラフ&COOLに、ノージェンダーな雰囲気のリンクスタイルが今っぽい。

この夏、LOVEのあるヘアアレンジを♡ Part.2




ラフ&COOLなLOVE♡LINK
#01 甘さも辛さも色気も、さりげなカールをしのばせて

ルーズな動きや毛束感がついたようなウェーブで、カジュアルなコーディネートもスタイリッシュにアップデート。ボーイズは、リバースカールにツヤ感をプラス。ゆるカールとスケ感バングで色香漂うガールズ。ウエットだったりドライな質感で2人のコントラストを楽しもう。
<YUZUKO’s advice> 長さの短い男の子のヘアを巻くときは、細めのコテやストレートアイロンがおすすめ。ヘアアクセはシルバーやゴールドでカッコかわいく取り入れて。




ラフ&COOLなLOVE♡LINK
#02 シャープなムードを加えるならメッシュキャップで

ワンランク上のこなれ感を身につけたいなら帽子の出番。ベージュトーンの大人な装いにメッシュキャップがリラックスしたアクセントに。甘くなりがちなロングウェーブも白のキャップならクールにキマる。
<YUZUKO’s advice> 毛束を作るようにウエットな質感を持たせるのが、今っぽく仕上げるポイント。

右/キャップ¥3,500 50~58㎝ マウンテン.  左/キャップ¥3,000 54㎝ カシラ&キッズ(カシラショールーム)




ラフ&COOLなLOVE♡LINK
#03 ハンサムへ導く、しっとりとした質感のタイトヘア

ボリュームをおさえたストレートヘアをベースに、“セミウエット”な質感で凛とした雰囲気に。前髪は薄めに作って、タイトヘアに旬なニュアンスをもたせて。
<YUZUKO’s advice> 耳出しのダウンヘアは、おくれ毛を薄く引き出すだけでこなれた印象に仕上がります。男の子は、髪全体にウエットなヘア剤を馴染ませたら、コームで毛流れを整えるときれいに仕上がります。

ロングだからこそカッコよく男前に。ボーイズはやわらかく洗練された印象に。そんな意外性を楽しむのが今っぽいバランスの秘訣。


sesame2020年5月号より抜粋

hair & make / YUZUKO photograph / Ai Tomatsu model / Yuna Onishi、Shiryu Sugai (sesame 40 love model)  





「sesame mag WEB」一覧

「sesame mag WEB」ホーム