スマホ疲れでボードゲーム人気?「むかつく友達」ゲームも (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

スマホ疲れでボードゲーム人気?「むかつく友達」ゲームも

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#スマホ

 ここのところ、ボードゲームが人気だという。その背景には「スマホゲーム疲れ」があるようだ。

 デジタルゲーム全盛のいま、電源を使わない「非電源系」とも呼ばれる「ボードゲーム」がファンを増やしている。ルールを簡略化した「どうぶつしょうぎ」の売り上げは、国内50万セット超。会話を糸口に参加者の中にまぎれた「人狼」を探し出す「会話型心理ゲーム人狼(JIN-ROU)」は、発売から1カ月余りで1万3千セットも売れた。

 会社員兼DJのムードマンさん(43)は、「息子がDSにハマってしまい、一人の世界に閉じこもりがちになった」ため、3年ほど前から妻も交えてやってきた。集めたゲームはおよそ100種類。いまでは息子に裏をかかれて負けることもあるが、そこでわが子の成長を実感する。ムードマンさんは、非電源系の静かなブームに「スマホ疲れ」があるとにらむ。

「スマホのゲームって基本は無料ではあるけれど、アイテムを買わないと勝てないでしょ。要するに機会不均等で、ゲームに深みがない」


トップにもどる サイエンス・IT記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい