ベジタリアンのZeebraが「こいつがいればどうにかなる」と思う野菜は… 2/2

ZeebraAERA#Zeebra
タマネギ/日本に入ってきたのは明治以降。独特の香りと辛みの元となる硫化アリルは疲労回復に必要なビタミンB1の吸収を助け、血栓の原因となる動脈硬化になりにくくする「血液サラサラ効果」も期待される。加熱すると辛みが甘みに転じるが、硫化アリルの効果は弱まる(撮影/写真部・松永卓也)

タマネギ/日本に入ってきたのは明治以降。独特の香りと辛みの元となる硫化アリルは疲労回復に必要なビタミンB1の吸収を助け、血栓の原因となる動脈硬化になりにくくする「血液サラサラ効果」も期待される。加熱すると辛みが甘みに転じるが、硫化アリルの効果は弱まる(撮影/写真部・松永卓也)(11:30)AERA

記事に戻る