ワーグナーのひ孫がベートーベンのオペラを演出 ブーイング覚悟なワケ 

吉田純子AERA
演出では「音楽への敬意がすべてに優先する」。大胆に設定を読み替えるのは「音楽がどれほど多様な世界を示せるものか、気づいてもらいたいから」 (c)朝日新聞社

演出では「音楽への敬意がすべてに優先する」。大胆に設定を読み替えるのは「音楽がどれほど多様な世界を示せるものか、気づいてもらいたいから」 (c)朝日新聞社(11:30)AERA

記事に戻る